海外絵本ってどう選ぶの?

雲

海外絵本ってどう選ぶの?

川合 亮平

雲

海外絵本の選び方とおすすめの絵本について

海外絵本の選び方とおすすめの絵本について

その他のおすすめ本 その他のおすすめ本
『Richerd Scarry's Best Storybook Ever!』 『The Slightly Annoying Elephant』

では、ここからは、我が家にある100冊以上の絵本の中から、「コレをぜひ!」という3冊をご紹介します。

『Richerd Scarry's Best Storybook Ever!』

ハードカバーで分厚く、しっかりした作りの本です。僕はプレゼントとしていただきました。あとから知ったのですが、作家のリチャード・スキャリーさんも、世界的に有名な絵本作家の1人です。タイトルを和訳すると、「これまでで最高のストーリーブック」となりますが、その名に偽りはなく、素晴らしい内容の絵本です。中味は、数ページの物語から、さまざまな日常生活に関連する単語を学べるページ、A B Cを学べるページなどなど、バラエティに富んだ本当に盛りだくさんな内容。英語絵本導入の1冊としてはバッチリではないでしょうか。1冊で数十冊分の価値がある本です。子どもの成長とともにずっと楽しめるので、家庭に1冊常備しておきたいと思える絵本です。

『The Slightly Annoying Elephant』

英国で誰もが知る、コメディアン・俳優・脚本家のデイヴィッド・ウォリアムス。日本でもスマッシュ・ヒットしたコメディTV番組「リトル・ブリテン」の背の高い方、と言えばおわかりになる方もいらっしゃるかもしれません。コメディアン、そして俳優として有名な彼ですが、数多くの絵本・子ども向け小説を執筆する作家としても非常に高評価を得ています。著作は、賞もたくさん受賞しており、英国では出れば必ずベストセラー。TVドラマ化された作品もあります。ハチャメチャで痛快、だけど裏には教訓があり、しっとりと心にしみてホロリとくる場面もある。彼が“現代のロアルド・ダール”と称される理由です。幼児向けの絵本からヤングアダルト向けのペーパーバックまで、幅広い年齢層に向けた作品を書いている彼ですが、こちらで紹介するのは、幼児向けの絵本。読者を引き付けて止まないストーリー展開は言わずもがな、さすがエンタメ業界の第一線で活躍している彼だからこその洗練された言葉のチョイスが魅力の1冊です。

『The Tiger Who Came to Tea』
『The Tiger Who Came to Tea』

英国で実に30年以上に渡って愛され続けている絵本の古典ともいえる作品。英国で子どもがいる家庭なら、誰もが知る作品といっても過言ではありません。トラがお茶を飲みにくる、という奇想天外な発想がベースになっていますが、内容やストーリーは至ってシンプルで短いストーリーです。ですが、そこはかとない魅力が溢れる本で、何回読んでも全然飽きません。英語は簡単すぎず、学校で普通に英語を勉強した大人なら読めるレベルです。間違いのない1冊です。

さて、絵本の選び方について、おすすめ本を挙げながら説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? まだまだおすすめの絵本はたくさんあるのですが、ひとまず今回いくつかを紹介させていただきました。

手にしてみたいと思った絵本はありましたか? 冒頭の繰り返しになりますが、選ぶ本に良いも悪いもありませんし、何か決まりがある訳でもありません。まずは気軽に、子どもと一緒に書店や図書館に出かけて、子どもの気持ちを最優先して1冊選ばれることをおすすめします。1冊選ぶことからすべては始まると思います。海外絵本を取り扱っている書店や図書館がない場合は、Amazonで購入することもできます。また、英国のサイトですが、Book Depositoryは、世界中どこでも、送料が無料で利用できます。日本のAmazonにない洋書はここで探してみてください。

では、海外絵本のある子どもとの生活、一緒に楽しんでいきましょう。

プロフィール

川合亮平 RYOHEI KAWAI

東京、ときどきロンドン在住の
メディア・ジャーナリスト
3児の父 All Aboutイギリスガイド
イギリス人と間違われる流暢な下町イギリス英語を話すのが特徴。
主に英国の観光、文化、エンタメ分野の価値ある情報を独自の視点で発信中。
登場メディアは多岐にわたる。
家族の夕食を毎晩自分で料理するのが喜び。

著書に、『つながる英会話 ネイティブとの会話が楽しく続くテクニック50』(アスク)、
共著に『イギリス英語を聞く THE RED BOOK』『イギリス英語を聞く THE BLUE BOOK』(ともに、コスモピア)などがある。
【Twitter】https://twitter.com/ryoheikawai
【Facebook】https://www.facebook.com/ryohei.kawai.uk

プロフィール

川合亮平 RYOHEI KAWAI

東京、ときどきロンドン在住の
メディア・ジャーナリスト
3児の父 All Aboutイギリスガイド
イギリス人と間違われる流暢な下町イギリス英語を話すのが特徴。
主に英国の観光、文化、エンタメ分野の価値ある情報を独自の視点で発信中。
登場メディアは多岐にわたる。
家族の夕食を毎晩自分で料理するのが喜び。

著書に、『つながる英会話 ネイティブとの会話が楽しく続くテクニック50』(アスク)、
共著に『イギリス英語を聞く THE RED BOOK』『イギリス英語を聞く THE BLUE BOOK』(ともに、コスモピア)などがある。
【Twitter】https://twitter.com/ryoheikawai
【Facebook】https://www.facebook.com/ryohei.kawai.uk

なぜ幼児期に海外絵本と触れ合った方がいいのか。
英語絵本ってどう読み聞かせるの?

人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

LINEで送る

シェア

ツイート

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。