海外絵本ってどう選ぶの?

雲

海外絵本ってどう選ぶの?

川合 亮平

雲

英語の絵本ってどう読み聞かせるの

英語の絵本ってどう読み聞かせるの

単語だけの読み聞かせでもOK! 単語だけの読み聞かせでもOK!
『Richard Scarry's Best Word Book Ever』

絵本は必ずしもしっかりしたストーリーがあったり、まとまった文章の読み聞かせである必要はないと思います。例えば「単語だけ」を読めばいいのであれば、親の英語読み聞かせのハードルがグンと下がるのではないでしょうか。

『Richard Scarry's Best Word Book Ever』

親しみやすい絵が特徴のリチャード・スキャリー作のこちらの絵本。さまざまな場面が見開き2ページごとに展開されて、そこに登場するモノに英単語が表記されています。文章(センテンス)は一切ありません。単語だけ読むのは、ハードルが下がるとはいえ、注意点としては、親の我流で読まないことが大切だと思います。ですから、親としてはまず事前に、出てくる単語の読み方を電子辞書やネット辞書の音声機能で調べてから、本番の読み聞かせに臨むのが理想的です。

その際のおすすめのやり方は、「聞こえたままの音」をカタカナで絵本に書き込むこと。大人はどうしても先入観が勝って、正しい音を読んでいるつもりでも、そうでない場合が起こりえるからです。例えば、Baby(赤ちゃん)という単語1つとっても、日本語では「ベビー」と言いますが、実際は「ベイビー」と「イ」の音が入ります。

さて、ここまで読んでいただいて、「リピートするにしても、単語だけ読むにしても、やっぱりなかなか難しいものだな」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方へ、英語がうまく読める(発声できる)3つのコツを紹介したいと思います。

この3つのコツは、読み聞かせだけではなく、親御さん自身の英語の音読や、実際にスピーキングされる際にも役立ちます。気をつけることで、「自分の英語通じる度」がグンッ! とアップするポイントでもあるので、チェックしていただければと思います。

ここだけ押さえておけば大丈夫。通じる英語発音のための3つの秘訣 ここだけ押さえておけば大丈夫。通じる英語発音のための3つの秘訣

英語の発音について細かく知ろうとすると、それこそキリがないのですが、「グローバルな現場で通じる英語」という観点で、僕の体験から重要なポイントは以下の3つです。僕の経験だけでなく、英語音声学者の説とも意見が一致するところでもあります。では、重要な順に紹介しますね。

その1:声を大きく出す

そもそも日本語の発声法と英語の発声法は「仕組み」が違います。簡単に書くと、日本語はのどから、英語はお腹から出される発声なのです。厳密に言うと、英語は腹式呼吸で出すべき音なのですが、「そのやり方がわからない!」と思われる方も少なくないと思いますので、単純に、英語を発声するときは、自分の声量をいつもより少し力強く、上げ気味で発声するとよいでしょう。子どもにとってよいお手本になりますよ。

その2:子音をしっかり発声する

いわゆる「日本語発音」になってしまうか否かは、子音がしっかり発声されているかどうかで変わってきます。

例えば、Dog(イヌ)。

  • 「ドッグゥ」と、gのあとに母音「ゥ」を発音する
  • 子音であるgを意識して発音する

もう1つ例を挙げるとCat(ネコ)。

  • 「キャットォ」と、tのあとに母音「ォ」を発音する
  • 子音であるtを意識して発音する

音を言葉で解説するのはなかなか難しいので、今後、英語を聞かれる際、子音に注意して聞いてみてください。 「意識して聞くと、こんなに違うのか!」と思われると思いますよ。

その3:抑揚をつけて発声する

『英語の発音 直前6時間の技術』

これは文章(センテンス)を読むときのポイントです。日本語はどちらかというと抑揚(アップダウン)が少ない言語で、それに比べて英語は音の抑揚がハッキリしています。文の中の1つ1つの単語を同じ強さで読むのではなく、強弱をつけて、(基本的には)主語・動詞・目的語を強く読めば、英語らしさが格段に上がります。このポイントに関しても、今後、英語を聞かれる際に注意して聞いてみてください。「英語ってこんなに抑揚があったんだ!」と改めて感じると思います。

ちなみに、「英語発音をもっとしっかり身につけたい!」というあなたには、こちらの本がおススメです。

いかがでしょうか。以上のポイントをしっかり意識して実践できれば、英語らしい英語が発声できるようになりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

では、本題である「子どもと一緒に楽しむ、一緒に学ぶ」ためのアイデアに戻りまして、最後、3つめのアイデアを紹介します。

『英語の発音 直前6時間の技術』

人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

LINEで送る

シェア

ツイート

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

LINEで送る

シェア

ツイート

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

LINEで送る

シェア

ツイート

ヨーロッパの雰囲気漂うロングセラー絵本『へびのクリクター』

みなさんは、へびと聞いてどんな印象をもちますか? こわい? かっこいい?どちらかと言うとマイナスなイ...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

ヨーロッパの雰囲気漂うロングセラー絵本『へびのクリクター』

みなさんは、へびと聞いてどんな印象をもちますか? こわい? かっこいい?どちらかと言うとマイナスなイ...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。