はじめてのアルファベット学習にオススメ 楽しく学ぶ本

海外絵本・英語絵本におすすめの『chicka-chicka-boom-boom』

みなさんは、どのようにアルファベットを覚えましたか?日本では、「きらきら星」のメロディにのせて歌う「ABCの歌」で覚えたという人が多いと思います。実は、アメリカでは、本書『Chicka Chicka Boom Boom』で、アルファベットを覚えたという人も多いのです。

オバマ前アメリカ大統領も、イベントで朗読したことのある超有名本で、楽しくアルファベットを覚えてしまいましょう!

リズムに乗せて発音し、英語独特の抑揚を学ぶ学習法“チャンツ”

海外絵本・英語絵本におすすめの『chicka-chicka-boom-boom』

本書には、付録として、朗読CDが付いているのですが、これが、とても子どもたちに好評でした。

アメリカの有名アーティスト、レイ・チャールズさんの朗読も収録されていて、さすがのリズム感あふれる朗読ぶりです。

6才のお姉ちゃんは、朗読に合わせてページをめくり、音声に合わせて「Chicka Chicka Boom Boom!』と、楽しそうに叫んでいました。この“Chicka Chicka Boom Boom”(チカチカ ブンブン)という言葉、特に意味はないのですが、子どもたちは、この言葉が大好きなようです。

1才半の妹のお気に入りは、CDの4番目に収録されている、アメリカの子どもたちが、リズムに乗せて朗読するチャンツバージョンです!  聞いた途端に、膝を折り曲げて楽しそうにダンスを始めました。

チャンツとは、英文を歌のようにリズムに乗せ発音することで、英語独特の発音や朗読のリズムを体得させる学習法のことです。簡単に説明すると、子ども版ラップといった感じです。楽しいメロディを聴いて遊んでいるうちに、自然と英語の言い回しが身についてしまうという学習法です。

何しろ楽しく学べるのがうれしいです。次女は、チャンツバージョンが流れると、手をバタバタさせ、ノリノリで踊っていました。何度も聞きたがるので、聞いているうちにアルファベットの発音の仕方を覚えてくれるといいなぁと期待してしまいます。

自分の経験上ですが、チャンツは、非常に有効的な学習法だと思います。私が、英語を勉強していた時代にも、ネイティブの英語の先生から、「英文をうまく読めるようになりたければ、小説の英語朗読のCDを聴きなさい」と言われ、聴くようにしていました。長い小説よりも、白雪姫などの童話をよく聴いていました。今から考えれば、英語朗読のCDを聴くのも、読み聞かせの一種だったのですね。

朗読CDの読み方をマネすることでネイティブの発音に近づく!

海外絵本・英語絵本におすすめの『chicka-chicka-boom-boom』

英文をネイティブスピーカーが読むと、独特の言い回しやリズムがあると感じることができます。ネイティブっぽい読み方と、そうではない読み方の違いは、どこにあるのでしょうか?

私は、文章の区切りをどこにつけて読むか、ということだと思います。

学生時代に聴いていた、童話の英語朗読CDでも、文章の区切りをどこでつけているか、ということに注意して聴いていました。聴きながら、文章に区切りのマークをつけ、朗読のマネをして、声に出して読んでいました。

例えば、『Chicka Chicka Boom Boom』の冒頭部分、この原文をどう読みますか?

原文
“I’ll meet you at the top of the coconut tree”

日本語訳
「ココナッツの木のてっぺんで会おうね」

問題は「どこで文章を区切って読むか」ですが、中学校で文法を学んできたパパやママたちは、“I’ ll meet you at ”で、一度区切るという人が多いと思います。

「~で会いましょう」という文法を覚えるためにはそれでも良いのですが、朗読の場合、“I’ ll meet you at”で区切ってしまうと、後の“the top of the coconut tree”が字余りのような読み方になってしまい、リズムがよくないのです。

付属のCDでレイ・チャールズや子どもたちが、文章を区切っているポイントはここです。 “I’ll meet you at the top /(区切り) of the coconut tree”

とても意外な場所で区切っていると思いませんか? しかし、この区切りで読んでみると、自然とリズミカルに読んでいることに気が付きます。 舌がもつれて言いづらいですが、何度か練習するとうまく言えるようになります。

朗読をするときにどこで文章を区切るかということは、非常に大切なポイントです。 日本語の文章で考えてみると、より区切りの大切さに気が付くと思います。

「ココナッツの木のてっぺん 、で会おうね」と言われると何か違和感を覚えます。「ココナッツの木のてっぺんで、会おうね」と、言われれば耳慣れた日本語の話し方です。英語でも同じようなことだと思うのです。

教育者ビル・マーティンJr.が作った魔法のことば「チカチカブンブン!」

海外絵本・英語絵本におすすめの『chicka-chicka-boom-boom』

作者のBill Martin Jr(ビル・マーティンJr)は、1916年にアメリカのカンザス州で生まれ、2004年に88才で亡くなっています。児童文学作家ですが、小学校の校長を務めたこともある教育者でもあります。

『Chicka Chicka Boom Boom』のイラストを描いたLois Ehlert(ロイス・エラート)と共に、『Chicka Chicka 1,22,3』という数字版も出版しています。

そのほかにも、作者の友人でもある絵本作家Eric Carle(エリック・カール)と作った『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』(『くまさんくまさんなにみてるの?』,偕成社刊)『Panda Bear, Panda Bear, What Do You See?』(『ぱんだくんぱんだくんなにみてるの?』,偕成社刊)という[なにみてるの』シリーズも出版しています。

本書『Chicka Chicka Boom Boom 』は、初めてのアルファベット学習ブックとしてオススメですが、それ以上に、英語を楽しく学ぶことができるというすぐれた絵本だと思います。

ネイティブになったつもりで、本書のフレーズをマネしていれば、自然と独特の発音とリズムが身についていくと思います。子どもたちが、英語にちょっと飽きても大丈夫! 「Chicka Chicka?」という魔法のことばを唱えれば、「Boom Boom !」と元気に答えてくれること間違いありません。

プロフィール

ブルア

ライター:ブルア

絵本大好きライター。学生時代に英検2級を取得。
日本語と英語両方の出版がある絵本は、なるべく両方読むようにして英語の勉強を続けています。最近の図書館には、英語版も置いてあるので、とても助かります。
6歳と1歳になる女の子の叔母です。読み聞かせをする本は、なるべく文章が少なく、絵が楽しいものを選んでいます。楽しく英語を学んだ記憶は、子供たちの中に確実に残っていくと考えています。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

【マンガ】新連載!キミが英語を話すまで。 #1「英語の「壁」をなくしたい!」

メルヘン長女、お調子者次女、ママっ子長男の3姉弟の日常をクールに切り込む、アメブロで大人気のマンガ『...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

【幼児の英語教育の悩み】#6「 幼児に発音の正確性は求めるべき?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

【マンガ】新連載!キミが英語を話すまで。 #1「英語の「壁」をなくしたい!」

メルヘン長女、お調子者次女、ママっ子長男の3姉弟の日常をクールに切り込む、アメブロで大人気のマンガ『...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

【幼児の英語教育の悩み】#6「 幼児に発音の正確性は求めるべき?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。