ハロウィンパーティの参考に! 雰囲気たっぷりの絵本『Rotten Ralph’s Trick or Treat!』

海外絵本・英語絵本におすすめの『Rotten Ralphs Trick or Treat!』
ライター:ブルア

あくたれ猫ラルフは、セイラの猫です。
ある日、セイラのもとにハロウィンパーティの招待状が届きました。
「あなたが いちばん すきなものに へんそう してきてね」
セイラは、猫のラルフに変装し、ラルフはセイラに変装してパーティに出かけるのですが……
あくたれラルフはセイラの格好でいたずらのし放題!
とうとうパーティを追い出されてしまうのでした。

ハロウィンにピッタリの楽しいストーリーです。

ハロウィンって本来は何のイベントか知っていますか?

海外絵本・英語絵本におすすめの『Rotten Ralphs Trick or Treat!』

ここ数年、日本でもハロウィンのイベントを祝う人が増えてきましたね。ハロウィンは毎年10月31日に行われる民間のお祭りです。ヨーロッパでは、昔から10月31日は夏から秋に変わる節目の日。

この日に精霊や死者の霊が現れると信じられてきたので、焚火をたいて魔よけをしてきたのです。
カボチャをくりぬいてろうそくを立てるジャック・オー・ランタン(jack-o-lantern)を作るのも、魔よけの意味があるからなのですね。

子どもたちが、魔女や幽霊の姿に仮装して、近所の家を周りお菓子などをもらうという風習はアメリカで定着したもの。

「Trick or treat!」(お菓子をくれないといたずらするぞ!)

と叫ぶかわいい姿を、日本でも幼稚園などの行事で見かけることが多くなってきました。

海外絵本・英語絵本におすすめの『Rotten Ralphs Trick or Treat!』

お友達をお家に呼んでハロウィンパーティをするときにも、ただ「仮装してきてね」と言うだけでなく、ハロウィン本来の意味を知ってお祭りに参加すると、より楽しいひと時が過ごせると思います。

『Rotten Ralph’s Trick or Treat!』でも、Invitation card(招待状)がサラの元に届きます。
子どもと一緒に本格的なカードを作って、お友達をパーティに招待してみるのも楽しいですね。

ハロウィンの雰囲気を研究して、パーティの参考にしてみよう!

海外絵本・英語絵本におすすめの『Rotten Ralphs Trick or Treat!』

姪のみーちゃんも、もーちゃんも猫が大好きなので、あくたれ猫が登場する『Rotten Ralph’s Trick or Treat!』を読み聞かせてみました。

もちろん二人には大好評! 2才のもーちゃんも、鮮やかな色彩の面白い絵に夢中になってページをめくっていました。ハロウィンパーティの楽しい雰囲気も絵本から感じ取ってくれました。

7才のみーちゃんは、日本語訳のタイトル『あくたれラルフのハロウィン』の「あくたれ」という言葉が気になった様子。原文のRottenには、「不愉快な」とか、「あきれた」などの意味があります。

もし、子どもに「あくたれってなんなの?」と聞かれたら、「乱暴者」または、「はちゃめちゃな」という意味だよと教えれば、意味が通じます。

海外絵本・英語絵本におすすめの『Rotten Ralphs Trick or Treat!』

みーちゃんが気に入ったのは、ラルフがポップコーンを台所でたくさんつくるページ。

原文
“Rotten Ralph ran into the kitchen. He took the lid off the popcorn popper.
Popcorn flew all over the room. ”

日本語訳
「あくたれラルフは、台所へ走っていきました。
そして、おなべでポップコーンを作り始めました。
作りすぎて、台所がポップコーンだらけになってしまいました。」

みーちゃんは、ポップコーンを作ったことがないそうです。アメリカでは、自宅で簡単に作れるポップコーンがスーパーなどで販売されています。日本でも、大きなスーパーや、外国の食材などが売っている雑貨食品店などに置いてあります。

火にかけて、お鍋を振るだけでポーンポーンとコーンがはじけて、ポップコーンができていくのが楽しいです。お鍋にふたをして作れば、絵本のようにポップコーンがあふれないので安心してください。みーちゃんとは、今度、ハロウィンパーティーをするときに、2人で一緒にポップコーンを作る約束をしました。

あくたれ猫ラルフは、作者にとっての理想の子供の象徴

海外絵本・英語絵本におすすめの『Rotten Ralphs Trick or Treat!』

作者のジャック・ガントスは、1951年アメリカのペンシルバニア州生まれの絵本作家です。現在は、マサチューセッツ州ボストン在住。絵を担当するのは、画家のニコール・ルーベル。彼女は、アメリカのフロリダ州生まれ。現在は、オレゴン州オーロラ在住です。

2人は、ボストンのエマーソン大学に在籍中に出会い、子供向けの絵本「Rotten Ralph」シリーズを出版してきました。

Rotten Ralph

Rotten Ralph’s Rotten Christmas

「あくたれラルフシリーズ」には、作者二人の子どもたちへのこんな思いが込められています。

「いたずらっ子で 感性豊かで、いつも いきいきしていて欲しい。」
(日本語版『あくたれラルフのハロウィン』日本のみなさんへより引用)

そんな愛すべきあくたれ猫ラルフは、「いつも元気なだれかさんみたい!」と感じるママさんも多いのではありませんか?

プロフィール

ブルア

ライター:ブルア

絵本大好きライター。学生時代に英検2級を取得。
日本語と英語両方の出版がある絵本は、なるべく両方読むようにして英語の勉強を続けています。最近の図書館には、英語版も置いてあるので、とても助かります。
6歳と1歳になる女の子の叔母です。読み聞かせをする本は、なるべく文章が少なく、絵が楽しいものを選んでいます。楽しく英語を学んだ記憶は、子供たちの中に確実に残っていくと考えています。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。