6才の姪が2つのフレーズを学んだ日本の名作『きんぎょが にげた』

海外絵本・英語絵本におすすめの『wheres the fish』

金魚鉢から逃げ出した一匹の赤い金魚。
「かわいい金魚が、つぎはどこに逃げるのかな?」ページをめくるたびに、「あ! こんなところにいたよ!」と、金魚を発見!
見つけたときの喜びは、まるでかくれんぼをしているときの、鬼さんの気分。
子どもたちが、ワクワクして喜ぶ、楽しさにあふれた作品です。

かくれた金魚を探すおもしろさ

海外絵本・英語絵本におすすめの『wheres the fish』

子どもたちは、とにかく赤い金魚が大好き。作者の五味太郎さんの絵は、子ども心をガッチリつかむ魅力的な絵だなぁと感心してしまいます。

金魚さんは、さまざまな場所に現れます。 すてきなお部屋、遊園地、お菓子屋さん、それぞれ場所の説明はありませんが、楽しい場所ばかり。 そして、金魚さんは、どこかに必ず隠れているのです。

1才半の次女は、ページをめくるたびに「あ!」と、金魚を発見し、指を指して喜んでいました。 金魚さんも、お花に化けたり、カーテンの柄に紛れたり、カモフラージュしてくるので、うまく見つけられるかドキドキです。 「金魚さんどこかな?」と言うと、喜んで次のページをめくり、探していました。

6才のお姉ちゃんが、赤ちゃんだった時に購入した絵本ですが、少し大きくなって改めて読んでも十分に楽しめました。 お姉ちゃんが気に入ったのは、最後のページ。

「お友達といっしょにいられるから、もう逃げなくても大丈夫だね」 と感想を言ってくれました。

素敵な感想を言えるようになったお姉ちゃんに、子どもの成長を感じ、目頭がウルっときてしまいました。

中学生で習う英語を覚えちゃうかも?

海外絵本・英語絵本におすすめの『wheres the fish』

お姉ちゃんには、英語で読み聞かせをしましたが、この絵本に出てくるのは、この2つのフレーズだけです。

原文
“Where’s Fishy?
There’s Fishy!”

日本語訳
「おさかなはどこですか?
おさかなは、ここにいます。」

絵本を読んだ後、お姉ちゃんが、「この絵本の英語を書こう!」と言い出しました。 私も一緒にノートに書いて英語のお勉強です。

“There’s Fishy!” を「どういう意味なの?」と聞かれたので、「“おさかなはここにいます”と、いう意味だよと教えました。 さらに、「“There’s” は“ここにいます”で、“Fishy” が“お魚”という意味だよ」と付け加えました。お姉ちゃんの書いた日本語訳です。

原文
“There’s Fishy!”
日本語訳
「ここにいます ’ 魚!」

Where is~(~はどこですか?)や There is~(ここに~があります)というフレーズは、ご存じのとおり、中学生になってから習うものです。 中学校で、この日本語訳を書いたら、×をもらうかもしれません。 しかし、私は、100点満点以上をあげたいと思いました。 There’sとFishyの意味を理解しているではありませんか! しかも、このマーク「 ’ 」(アポストロフィ)までついています。

私は、あえて訂正して教え直しませんでした。 本人も言っていましたが、6才という年齢では、何回か書いたくらいで、There is~というフレーズを意味と共に覚えられるものではありません。 この一瞬だけ、この一行だけでも、言葉の意味を理解し、自分なりに翻訳したことを、うれしい思い出にしたかったのです。

五味太郎さんの絵本は、あっけらかんとした楽しさが魅力

海外絵本・英語絵本におすすめの『wheres the fish』

本書『Where’s the Fish?』の他にも、約400冊の絵本を出版しています。代表作は、『Everybody Poos』(『みんなうんち』,福音館書店刊)で、世界10か国語以上で翻訳出版されています。

どの作品も明るくあっけらかんとした雰囲気があり、楽しいイラストと、常識にとらわれない発想力でたのしい絵本ばかりです。 子どもには媚びないストーリーをモットーとされていますが、それでも、かわいらしいイラストからは、作者の優しさが伝わってきます

本書の中でも、逃げた金魚が、赤いお花にまぎれているイラストのおもしろさが、 インスピレーションを刺激してきます。 お姉ちゃんは、このページをみながら、イラストを描いていました。 「今まで一番うまく葉っぱが描けた!」と喜んでいました。

作者は、「デザイン学校を卒業したあと、楽しいことを選んでやっていたら、いつのまにか、絵本作家になっていた。」と、発言していますが、楽しいことをやり続ける人生なんて、素晴らしいですね! 自分も、少しでもそうなれるように、何をすればよいか考えようと思いました。 そして、子どもたちにも、そんな楽しい人生を送ってもらいたいものです。

プロフィール

ブルア

ライター:ブルア

絵本大好きライター。学生時代に英検2級を取得。
日本語と英語両方の出版がある絵本は、なるべく両方読むようにして英語の勉強を続けています。最近の図書館には、英語版も置いてあるので、とても助かります。
6歳と1歳になる女の子の叔母です。読み聞かせをする本は、なるべく文章が少なく、絵が楽しいものを選んでいます。楽しく英語を学んだ記憶は、子供たちの中に確実に残っていくと考えています。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

LINEで送る

シェア

ツイート

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

LINEで送る

シェア

ツイート

『どこいったん』オチにビックリ! それともニヤリ? ブラックユーモア英語絵本

黒目のクマが二本足でヌッと立っているのが印象的な絵本『I WANT MY HAT BACK』(『どこ...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

『どこいったん』オチにビックリ! それともニヤリ? ブラックユーモア英語絵本

黒目のクマが二本足でヌッと立っているのが印象的な絵本『I WANT MY HAT BACK』(『どこ...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。