おさるのジョージと楽しむ本場のハロウィンの過ごし方

海外絵本・英語絵本におすすめの『Happy Halloween, Curious George』

『Happy Halloween, Curious George』は、「おさるのジョージ」シリーズのジョージが本場アメリカで過ごすハロウィンの様子を紹介してくれるボードブックです。

キラキラした銀色の月をバックにかぼちゃからひょっこり出ているジョージが可愛らしく、ジャケ買いならぬ表紙買いしてしまうような絵本です。右側にそれぞれのページを示した小さなイラストが描かれているのも、特徴的ですね。

ジョージも周りの子どもたち同様、もちろんハロウィンが大好き! いろいろなコスチュームを試してみるのも、もらえるお菓子も、ハロウィンに遊ぶゲームも、全部がとても楽しみなイベントです。

ハロウィンはもうすぐそこ。おさるのジョージは一大イベントの晩に向けて、黄色い帽子のおじさんと準備を始めています。ハロウィンにピッタリなかぼちゃを探し、家に飾りつけ、友だちと一緒に祝います。

 どんな年齢のお子さんにも楽しめるように創作された優しい絵と美しい詩が、本場ハロウィンの習慣を教えてくれますよ。さあ、ジョージと一緒に楽しいハロウィンの一日を過ごしてみましょう!

 

アメリカのハロウィンはどう過ごすの?

海外絵本・英語絵本におすすめの『Happy Halloween, Curious George』

最近ではすっかり日本にも定着してきたハロウィン・イベントですが、アメリカのハロウィンは一体どんな風に過ごすものなのでしょう?

ジョージは黄色い帽子のおじさんと一緒に、畑で大きく実ったかぼちゃを収穫します。元々ハロウィンとは古代ケルト人由来の宗教的行事で、秋の収穫を祝うお祭りでした。毎年10月31日に行われ、特にアメリカでは民間行事として定着していったようです。

次にジョージは、家の飾りつけを始めます。ここで作るのがジャック・オー・ランタンです。起源はケルト人が悪霊を払うために作った「かぼちゃ提灯」で、中身をくり抜いてお化けの顔に見えるようにナイフで切り込みを入れ、中にろうそくを灯します。そうして、家の戸口に置いておきます。

ジョージはいろいろなコスチュームを試してみます。シーツのお化け、小さなモンスター、黒猫などなど! 一般的に「怖いもの」を表現した仮装に身を包みます。ハロウィン当日、ジョージは何の仮装にするのでしょう?

 

トリック・オア・トリート! ってどんな意味?

海外絵本・英語絵本におすすめの『Happy Halloween, Curious George』

仮装した友だちが、ジョージの家にやってきました。小さな幽霊に海賊たち、3人の魔女にミイラに黒コウモリ! みんなにお菓子をあげるのに大忙しのジョージです。

ハロウィンの一番の楽しみといえば、やはり「トリック・オア・トリート!」と言って近所の家をめぐってお菓子をもらうことでしょうか。“Trick or Treat!”とは、直訳すれば「いたずらか、お菓子か!」という意味です。

「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうよ!」と、怖い仮装をした子どもたちが迫ってくると、迎える大人も少しドキドキしてしまいますね。アメリカでも日本でも、普段触れ合う機会の少ない近所の大人たちが一緒に参加できる地域密着型のイベントになってきているようです。

読み聞かせのポイントとしては、とにかく韻を踏んだ詩の美しさを堪能したい絵本です。例えば1ページ目には、短く刻んだ言葉がきれいに押韻されています。

原文:
”Pumpkins round
Cover ground.
Vines twirl.
Children whirl.

Cool breeze
Blows the leaves.
Happy shouts
Are all about.”

日本語訳:
「かぼちゃが辺り一面に
覆われた地面に
つるがくるくる
子どもたちもぐるぐる

涼しい風が心地よく
葉っぱをサッと舞い上げて
子どもたちの楽しい声が
辺りいっぱいに聞こえる」

 

仮装パーティには何を着て行く?

海外絵本・英語絵本におすすめの『Happy Halloween, Curious George』

ところで、ジョージは一体何の仮装をしたのでしょう? なんと、黄色い帽子のおじさんの格好でした!

息子がまだ未就園児ほどの年齢のころから、近所のお友だちと一緒にハロウィンの仮装パーティを楽しむ機会に恵まれました。今では高学年になったというのに、まだまだお菓子をもらい歩く気満々です。

ジョージもおじさんと一緒の服装で、仮装パーティへ行きました。もらったお菓子を持ち寄って仮装したままパーティをするのが、ハロウィンの晩最後のお楽しみになっているようですね。

仮装パーティではさまざまなゲームも行われます。絵本ではジョージが二つのゲームにチャレンジしています。

一つは“bob for apples”。水を張った桶などにリンゴをたくさん浮かせて、歯を使ってつかみ取れるかというゲームです。ジョージは桶に入ってしまいました!

もう一つは“Pin the witch on the broom”で、魔女の形に切り抜いた紙を、目隠しして箒に貼り付けていくゲームです。どちらもアメリカではハロウィンに楽しむお馴染みのゲームだそうです。

 

クリスマスのようにハロウィンも、アメリカから入ってきた風習が少しずつ形を変えて、日本にも定着してきています。文化の違いを知るためにも、ハロウィンが元々はどんな行事だったのかを知っておくのも良いと思います。

ジョージが教えてくれたアメリカならではのハロウィンを絵本で学んでから、その上で日本ならではの地域交流型のイベントとして楽しむのも、とても有意義なことかもしれませんね。

プロフィール

suppy

ライター:suppy

9歳になる息子と今まで多言語学習と世界の絵本に親しんできたアラフォーママです。
いろいろな国の言葉に触れて世界に興味を持ってほしいと思い、こども図書館やおはなし会に通って、たくさんの絵本と出会いました!
子どもと一緒に英語の発音を改めて勉強するつもりで、今も英語絵本の読み聞かせをしています♪

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

LINEで送る

シェア

ツイート

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。