『A Sick Day for Amos McGee』包み込むような優しさが、心をつなぐ

海外絵本・英語絵本におすすめのA Sick Day for Amos McGee

エイモスさんは動物園で働いています。動物園ではやることがたくさんありますが、必ず時間を作って友達のところに会いに行きます。

ゾウとはチェスをします。亀とはかけっこ。恥ずかしがり屋のペンギンの横には静かに座ってあげます。アレルギーのサイにはハンカチを貸し、暗闇を怖がるミミズクには本を読んであげます。

ところがある日、エイモスさんは風邪をひいてしまい、仕事を休むことにしました。その日の午後、エイモスさんの所に動物たちがお見舞いにやってきて……。

エイモスさんに学ぶ、友情の築き方

 

この本は、先日、幼稚園の遠足で動物園デビューを果たした息子のために選びました。遠足が楽しかったこともあり、本を手に取ると「幼稚園で行ったね!」と嬉しそうです。

息子が一番喜んだシーンは、動物たちがエイモスさんの家にお見舞いにいく所でした。動物たちが一列になってバス停に並ぶ様子に、「エイモスさんに会いに行くんだね!」と大喜び。その動物たちの表情が、可愛らしくもありユーモラスでもあり、思わず私も「ふふっ」と笑ってしまいました。

病気と知れば、動物園からお友達が駆けつけてくれるエイモスさんですが、何故そんなにもみんなから愛されているのでしょうか?

エイモスさんは、プレゼントをあげたり、何か特別なことをしたりはしません。しかし、常に相手のそばにいて、相手が何をして欲しいのかを考えているのです。きっと、その押し付けではなく、相手の心に寄り添う優しさが相手の心を開くのでしょう。エイモスさんの温かな眼差しから、私たちも学ぶことがたくさんありますね。

海外絵本・英語絵本におすすめのA Sick Day for Amos McGee

 

日常生活とリンクさせて英単語を覚えよう

 

この本の中の単語やフレーズは、簡単で日常生活で使うことができる所が魅力です。

例えば、play chess with the elephant(ゾウとチェスをする)、run races with the tortoise (カメと競争する), sit quietly with the penguin(ペンギンの隣に静かに座る)、lend a handkerchief to the rhinoceros(サイにハンカチを貸してあげる)、read stories to the owl(ミミズクに本を読んであげる) などありますが、動物の所を子どもの名前に変えてみるだけで、実生活ですぐ応用できまです。

また、風邪に関するフレーズもたくさんあるので、覚えておくと便利でしょう。例えば、sniffle(鼻をグシュグシュさせる)、sneeze(くしゃみをする)、chill(寒気がする)、Ah-choo!(ハクション)などは、風邪をひいた体験とリンクするので、子どもも覚えやすいのではないでしょうか?

我が家では、「エイモスさんごっこしよう!」と息子を誘い、例えば”run races with the tortoise”と言ったら、ノロノロ走るマネをするなどして遊んでいます。かわいい動物になりきって、体を動かしながら遊べば、自然と色んなフレーズが自然に身につきますよ!

海外絵本・英語絵本におすすめのA Sick Day for Amos McGee

海外絵本・英語絵本におすすめのA Sick Day for Amos McGee

 

夫婦のチームワークが生み出した傑作

 

この本はフィリップ・ステッドと、妻のエリン・ステッドによる合作で、フィリップが文章、エリンが挿絵を担当しました。

二人はミシガン州にある築百年の倉庫をリノベーションし、そこに美しいアトリエを構えています。

二人は合作していない時も同じ部屋で作業するそうで、「お互いのデスクをしょっちゅう覗き込んでいる」と言います。そして、自分と関わりのない仕事でも、相手が煮詰まっていたらアドバイスを惜しみません。「チームワークがあるからこそ、お互いの作品への敬意が生まれるのよ」とエリンは語ります。

そのチームワークが実り、本書は権威あるコールデコット賞の金メダルを始め、世界中で多くの賞を獲得しました。

エイモスさんと動物たちの温かい友情は、ステッド夫妻の「相手への敬意」から生み出されたものでしょう。

ちなみに、エリンの美しい挿絵は木版画によるものですが、なんと日本の道具を使っているそうです!日本の道具が海を渡り、素晴らしい物語を紡ぎ出しているなんて嬉しいですね!

海外絵本・英語絵本におすすめのA Sick Day for Amos McGee

 

包み込むように動物を見守るエイモスさん。彼の優しさに触れた時、誰もが心を開きます。もしも、「本当の優しさって何かな?」と知りたくなったら、ぜひこの本を手に取ってください。きっと、エイモスさんと動物たちがヒントを教えてくれますよ。

 

プロフィール

MKN Nakajima

ライター:MKN Nakajima

1歳と3歳の男の子のママです。
学生時代から英語が好きで、語学研修や海外文通などを通して英語に親しんできました。
私が英語を学んで強く感じたのは、「英語が自分の世界を広げてくれた」ということです。
子どもたちには、英語絵本を通して様々な価値観に触れ、多様性に満ちた社会を理解する力を培って欲しいと思っています。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

カモ一家の引越しで大騒ぎ!ボストン市民の優しさに心温まります

春は命が芽生える季節。心が自然とウキウキしてきます。そんな時期にぴったりなお話が、この『Make W...

LINEで送る

シェア

ツイート

英語絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』恋する気持ちを見事に表現したうさぎの結婚式

ガース・ウィリアムズが描くかわいらしいうさぎたち。あえて色味を抑えて描かれた絵からは、幸福感がこぼれ...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

カモ一家の引越しで大騒ぎ!ボストン市民の優しさに心温まります

春は命が芽生える季節。心が自然とウキウキしてきます。そんな時期にぴったりなお話が、この『Make W...

英語絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』恋する気持ちを見事に表現したうさぎの結婚式

ガース・ウィリアムズが描くかわいらしいうさぎたち。あえて色味を抑えて描かれた絵からは、幸福感がこぼれ...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。