動物いっぱい! 牧場の仕掛け絵本『Bizzy Bear Farmyard Fun』

海外絵本・英語絵本におすすめの『Bizzy Bear Farmyard Fun』
ライター:yumitchellco

イギリスの田舎風景といえば牧場! ロンドン橋やバッキンガム宮殿などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、イギリスの都市部から離れると羊や牛、馬がいっぱいの緑豊かな田園風景が広がっています。そんなイギリスっ子には身近な牧場を舞台にしたイギリス生まれの仕掛け絵本がBenji Davies著の『Bissy Bear Farmyard Fun』です。

この絵本はBizzy Bearという何とも愛らしい姿のクマの子が牧場へお手伝いに行き、いろいろな動物を発見していくという、動物大好きっ子さん向けのお話です。たった8ページのこの本の中に出てくる動物は11種! そして、ところどころに虫の絵も加わっていて、とてもにぎやかなイラストの連続です。また、仕掛け絵本ならではの仕掛けも、引っ張ったり、押したり、スライドさせたり、となかなか凝っているものばかりでとても面白いですよ。

海外絵本・英語絵本におすすめの『Bizzy Bear Farmyard Fun』

とても可愛いBizzy Bearと一緒に、親子で動物いっぱいの牧場へ行ってみませんか? とても簡単な英語で書かれているので、英語があまり得意でないパパママにもオススメです。

小さなお手て用にデザインされた仕掛けたち

『Bizzy Bear Farmyard Fun』の中の仕掛けは、つまんで横に引っ張ったり、上に押し上げたり、スライドさせたり、と少し手先が器用になってきた小さな子どもにとっては楽しさの連続です。「自分でできる」という満足感も与えることが出来ますし、手先を使うことで適度に脳を刺激して成長発達のサポートにもつながります。

海外絵本・英語絵本におすすめの『Bizzy Bear Farmyard Fun』

本の表紙に書かれているように小さな手でも仕掛けが楽しめるようにデザインされています。

海外絵本・英語絵本におすすめの『Bizzy Bear Farmyard Fun』

本の作りもしっかりできているので、低年齢の子どもにも安心して仕掛けを触らせてあげることができますよ。自分の手で仕掛けを触っては変化するイラストに、子どもは好奇心かき立てられ、大喜びするはずです。

イラストはカラフルで1ページにたくさんの動物や虫、自然、牧場の道具などが書かれているので、絵を見るだけでいろんな物が発見できる楽しさもあります。

娘が「これ、なーに?」といろいろな物の名前を知りたい年齢の時は、この絵本の中に描かれている全ての物を指さして順番に「これ、なーに? これは、なーに?」と聞いて何時間も過ごしていました。仕掛け絵本は物語がわからなくても楽しめるという面もあるため、長い間楽しめます。娘も1才の頃から読んでいますが、3才になった今でも仕掛けで遊んでいます。

リズムの良さとにぎやかなイラストが楽しい!

この『Bizzy Bear Farmyard Fun』は短い音節を使っているので、とても読みやすく、日本人にとってはリズムもとりやすい英語で書かれています。各ページの最初は必ずBizzy Bear, Bizzy Bear (2音節- 2音節)から始まります。その後に3~5音節の文が続きます。

海外絵本・英語絵本におすすめの『Bizzy Bear Farmyard Fun』

 

原文
“Bizzy Bear, Bizzy Bear……Say, “Hello”!”

日本語訳
「ビジーベア、ビジーベア、『こんにちは!』って言ってみよう」

 

原文
Bizzy Bear, Bizzy Bear, What do you see? 

日本語訳
「ビジーベア、ビジーベア、何が見えるかな?」

 

読むときにうまくリズムにのせてみると、おうたのように読めるので子どもはとても喜びます。

この『Bizzy Bear Farmyard Fun』はあまりストーリー性のない絵本なので、読み聞かせの時に親子でお話をしながら読み進めるのがオススメです。

絵本を見ながら「ブタさんは何匹いるかな?」と問い合わせて、数の数え方を取り入れるのもいいでしょうし、「ちょうちょはどこにいるかな?」と絵探しゲーム風にしても楽しいです。「トラさんの帽子は何色かな?」と色を取り入れてもいいですね! この1冊で色々な単語を覚えることができますよ。

シリーズで読んで英語が大好きに

このBizzy Bearはこの『Bizzy Bear Farmyard Fun』をはじめ、たくさん種類があるシリーズ本です。『Bizzy Bear: Pirate Adventure』(『くまくまくんのたからさがし』,BL出版社刊)と海賊をテーマにしたものや、海の生き物に出会える『Bizzy Bear: Deep-Sea Diver』などから、クリスマスやハロウィーンなど季節行事をテーマにした『Bizzy Bear: Christmas Helper』(『くまくまくんとサンタさん』,BL出版社刊)や『Bizzy Bear: Spooky House』もあります。

シリーズが多いので、色々な分野での英語の単語を覚えられますし、対象年齢が1~3才と幅広いので兄弟姉妹で長い間楽しむことができますよ。シリーズで数冊集めてみるのもいいかもしれませんね。可愛いBizzy Bearがきっと小さなハートをわし掴みにするはずです。

海外絵本・英語絵本におすすめの『Bizzy Bear Farmyard Fun』

仕掛け絵本は驚きと感動の連続。小さな子どもに絵本や英語を好きになってもらう大きなキッカケを与えることができるのではないでしょうか。

プロフィール

yumitchellco

ライター:yumitchellco

3歳の女の子を持つ英国北部スコットランド在住のママです。
「本との出会いは一生の財産」をモットーに娘が0歳の時から毎日読み聞かせは欠かしません。絵本を通して様々な世界を体験してもらいたいと、日々、どんな絵本を読んでいるか、どんな絵本が面白いかママ友と情報交換をしては色々な絵本を読んでいます。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。