「本当の家」を見つけたクマのお話『Corduroy』(コーデュロイ)

海外絵本・英語絵本におすすめのcorduroy_

Corduroyは、デパートのおもちゃ売り場にいるクマのぬいぐるみです。「いつか誰かが僕を買って、お家に連れて行ってくれないかな」と夢を見ています。

ある日、女の子がCorduroyを一目見て気に入ります。

しかし、ママが「今日はダメよ。これ、新しいようには見えないわ。ズボンのボタンが取れているじゃない」と言い、帰ってしまいました。

 

海外絵本・英語絵本におすすめのcorduroy_

 

 

海外絵本・英語絵本におすすめのcorduroy_

 

その夜、Corduroyはボタンを探すため、初めて閉店後のデパートを探検します。真っ暗な店内やエレベーターに驚くCorduroy。

たくさんの椅子やベッドが並べられた家具売り場を見たとき、「ここは宮殿に違いない! ずっと宮殿に住みたいと思っていたんだ」と憧れます。

結局、ボタンを見つける前に警備員に見つかってしまい、また陳列棚に逆戻り。

しかし次の日、朝一番のお客さんが彼の前に現れます。そう、昨日の女の子です! そして「私、リサ。あなたはうちの子になるのよ」と家に迎え入れます。こうしてCorduroyは、夢にまで見た家と、大切な友達を手に入れたのでした。

 

世代を超えて愛されるクマのCorduroy

 

私がこの本と初めて出会ったのは30年前。その時はもちろん日本語版でしたが、クマが可愛くて何度も読んだことを覚えています。

この世界的ベストセラーを息子にも是非と思い、選んでみました。

 

まず息子が気に入った所が、「おもちゃには実は魂が宿っていて、夜は動き出す」という設定です。Corduroyがソロリと陳列棚から降りる様子に「動いた!」と驚いていました。自分のミニカーも、「僕が寝ている時、起きてくるかなあ?」と大いに想像力をかきたてられた様子でした。

また、Corduroyの転んだ音で警備員が駆けつけてくるのですが、3才児にはとてもスリリングなようで、「クマちゃん、警察に捕まっちゃうよ!」とドキドキしていました。

 

今回、久ぶりに読み返してみると、内容も挿絵も素晴らしく、初版から約半世紀も経っていると感じさせないことに驚きました。Corduroyの愛らしさや心理描写が繊細に表現され、どの時代も輝きを失わず、人々を惹きつける普遍的な魅力をCorduroyは持っているのでしょう。

 

海外絵本・英語絵本におすすめのcorduroy_

 

 “home” ありのままの自分が帰る場所

 

主人公の愛らしさやスリリングな夜の探検など、この本の魅力は至る所にあります。しかし、作者が最も伝えたかった事は、home(家)という言葉に集約されるでしょう。

 

フリードマンは幼い時に母を亡くし、後見人に預けられました。その人は厳しく、父親は週末に尋ねてくるだけ。そんな環境を、フリードマンの息子・ロイは、「孤児だった」と表現しています。

 

Corduroyを買ってくれたのはリサという女の子でしたが、リサはママから「新品じゃなさそう」と言われようと、貯金箱を壊し、Corduroyを家に連れて帰ります。そして、“I like you the way you are.”(今のままのあなたが好きよ)と言いながら、新しいボタンを縫いつけてやるのです。

 

海外絵本・英語絵本におすすめのcorduroy_

 

誰がなんと言おうと、ありのままの自分を受け入れてくれる場所。その場所こそがhomeであり、すべての子どもたちの望みだよ、という強いメッセージが伝わってきます。

 

この本を読み聞かせてあげる時は是非、お子さんにhomeに込められた意味を教えてあげて下さい。そして、「どんな時も、そのままのあなたが好きよ」と、ギュッと抱きしめてあげてください。そう、リサとCorduroyのように。

 

海外絵本・英語絵本におすすめのcorduroy_

 

孤独を乗り越え、ベストセラー作家に

 

作者のドン・フリーマンは1908年、カリフォルニアに生まれました。 母との死別を経験した彼は、孤独な幼少期を送りますが、この出来事は彼の作品に大きな影響を与えます。

 

例えば作中に、次のようなCorduroyのセリフがあります。

原文

“I know I’ve always wanted a home!”

“I’ve always wanted a friend. ”

 

日本語訳

「ずっと家がほしかったんだ。」

「ずっと友だちがほしかったんだ。」

心の拠り所を求めていたフリードマンの心が見えてきます。

 

そんな孤独な彼を支え続けてきたのが、まさに芸術でした。すでに7才の時には、「何よりも芸術家になりたい」と、クレヨンと画用紙を手に、鋭い洞察力で多くの作品を描いてきました。どこに行くにも常にスケッチブックを持ち歩き、「これがないと裸でいる様な気分になる」と言う程でした。

 

幼少期こそ孤独なフリードマンでしたが、その後の人生は充実していました。芸術を通じて妻・リディアと出会い、子どもをもうけます。また、社交的な二人は、画家や音楽家など多くの友人に囲まれ、賑やかなニューヨークでの生活を送りました。 孤独を乗り越え、温かい家庭と友人を手に入れたCorduroyは、フリードマン自身と言えるでしょう。

 

家とは不思議なものです。温かく受け入れてくれる人がいて初めて「家」として機能します。そうでなければ、どんなに宮殿のように立派でも、それはただの箱に過ぎません。 子どもたちが何か困難にあった時、真っ先に「帰ろう」と思える場所を作ること。それが親の役目であり、喜びであると思わせてくれる一冊です。

プロフィール

MKN Nakajima

ライター:MKN Nakajima

1歳と3歳の男の子のママです。
学生時代から英語が好きで、語学研修や海外文通などを通して英語に親しんできました。
私が英語を学んで強く感じたのは、「英語が自分の世界を広げてくれた」ということです。
子どもたちには、英語絵本を通して様々な価値観に触れ、多様性に満ちた社会を理解する力を培って欲しいと思っています。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

LINEで送る

シェア

ツイート

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

LINEで送る

シェア

ツイート

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

LINEで送る

シェア

ツイート

ヨーロッパの雰囲気漂うロングセラー絵本『へびのクリクター』

みなさんは、へびと聞いてどんな印象をもちますか? こわい? かっこいい?どちらかと言うとマイナスなイ...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

ヨーロッパの雰囲気漂うロングセラー絵本『へびのクリクター』

みなさんは、へびと聞いてどんな印象をもちますか? こわい? かっこいい?どちらかと言うとマイナスなイ...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。