子どもと楽しく遊べる、目と耳で楽しむ絵本『GALLOP!』

gallop_new01
ライター:ちょこちっぷクッキー

子どもと楽しく遊べる絵本や、リズム感のよい絵本、何か仕掛けがある絵本を探していたりしませんか?

今回は子どもと楽しみながら、大人も思わず「これはどうなっているの!?」と驚いてしまう仕掛け絵本『GALLOP!』を紹介します。

動物の鳴き声から英文に馴れ親しもう

絵本を開くとインパクトのあるフォントで“GALLOP!”と彩るページが目に飛び込んできます。いったい何がはじまるのでしょうか……。

02-08_01603_GALLOP!_02_resize02

さらにページを開くと、見開きごとにいろいろな動物たちが登場し、“Can you gallop like a horse?”(お馬さんのようにかけることができるかな?)と、次々に質問が投げかけられます。  

その問に対応するように“giddyup-a-loo!”(ぱかっぱかっぱかっ!!)と、動物の動きを表現する英語が示されているので、まだうまく話すことができない子どもや、読み聞かせが難しい子どもでも“giddyup-a-loo!”と声を出しながら身体を動かしてあげることができますよ。

02-08_01603_GALLOP!_02_resize02

馬の他にはニワトリ、犬、猫、鷹、蝶、亀、チンパンジーたちの華麗な動きと言葉遊びが登場します。ニワトリなら“cock-a-doodle-doo!”(コケコッコー!)といった風に、かなりリズミカルな表現で動物たちを表現しています。

子どもが大きくなって英語のやり取りをしたいときは、“can you 〜 like a 〜?”の質問だけを見せて、YES/NOで答える練習を入れてもいいかもしれませんね。

思わずびっくり。動き出す!? 絵本!

この絵本の面白さは内容だけにとどまりません。リズミカルな表現で子どもを音で楽しませるほかに、子どもを目で楽しませる仕掛けがあるのです!

なんとこの絵本。ページめくるだけで動物たちが動くのです。下の2枚の写真を見てください。

02-08_01603_ちょこちっぷクッキー_01

02-08_01603_GALLOP!_02_resize02

1枚目の写真は表紙、2枚目は表紙をめくった後の扉のページになります。

馬の足の形に注目してください。足の形が変わっていて馬が走っているように見えるでしょう? 大人の私でも動く動物を見て「なんで動いて見えるの!?」とずいぶん驚きました。

こんな風に動物たちが動いてくれると、子どもは動いて見える動物に夢中になります。動きに合わせて言葉で音を表現できるので、子供と一緒に“cock-a-doodle-doo!”と、ぜひ読んでみてください。ママでもパパでも動物の真似をしてあげると遊びの幅も広がりますし、子どももより動物への興味がわいてくるのではないでしょうか。

なぜ、同じ音を聞いているのに鳴き声の表現が異なるのか?

ところで、動物の擬音語の英語は日本語とかなり違いますよね。例えば犬は、“bow wow”と「わんわん」と、異なった鳴き声で表現されます。最後に、絵本で繰り返し登場する擬音語の話をしたいと思います。

日本語でいう擬音語は、英語ではonomatopoeia(オノマトペ)と言います。日本語には擬音が英語に比べてたくさんあります。

しかし、だからと言って日本語の表現力が優れているわけではありません。擬音語の代わりに英語では、場面によって動詞を使い分けることで、表現力をカバーしています。

日本語は「~と鳴く」という風に「~」の部分に、「ワンワン」「キャンキャン」「ウー」などさまざまな擬声語を入れて鳴き声を表現して使い分けます。一方英語では、動物や状況に合わせて動詞を変えて、鳴き声を表現します。

例えば、「キャンキャン鳴く」という意味のyelp、「ウーといううなり声で鳴く」という意味のwoofなどの動詞を使い分けて表現します。

例:
My puppy yelped.(私の子犬がキャンキャン鳴いた)

My puppy woofed.(私の子犬がウーっとうなり声を上げた)

この絵本には擬音語以外にもリズム感を強調するために、特に意味を持たない音も入っています。

昔から英文法を詰め込まれてきた身であると、どうしてもすべての単語に意味を求めてしまいがちです。 しかし、日本語にも特に意味を持たない音があるのと同じように、英語にも意味を持たない音があることを小さな子どものころから知っていると、大きくなったときに英語がすんなりと頭に入ってくるかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか。動物の華麗な動きにより視覚で楽しみ、オノマトペのリズムによって聴覚でも楽しむことができる絵本『GALLOP!』。動物を通して「英語」の言語にも興味のわく1冊ではないかと思い、紹介させていただきました。写真では、魅力を伝えきれない絵本になりますので、ぜひ手に取ってみてくださいね!

02-08_01603_GALLOP!_01_resize

プロフィール

ちょこちっぷクッキー

ライター:ちょこちっぷクッキー

もうすぐ1児の母になる主婦ライターです。
私自身も昔から母親にたくさんの絵本を紹介してもらいながら育ったので、自分の子供にも楽しい絵本をたくさん紹介していきたいと思っています。
また英語や海外が大好きで、大学では英語文化を学び、アメリカ、ベトナム、シンガポール、イタリア、ドイツ、マーシャル諸島、香港、マカオといった国々にも行ったことがあります。
今までに学んだものをいろいろな視点から伝えることができるように頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

英語絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』恋する気持ちを見事に表現したうさぎの結婚式

ガース・ウィリアムズが描くかわいらしいうさぎたち。あえて色味を抑えて描かれた絵からは、幸福感がこぼれ...

LINEで送る

シェア

ツイート

『どこいったん』オチにビックリ! それともニヤリ? ブラックユーモア英語絵本

黒目のクマが二本足でヌッと立っているのが印象的な絵本『I WANT MY HAT BACK』(『どこ...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

英語絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』恋する気持ちを見事に表現したうさぎの結婚式

ガース・ウィリアムズが描くかわいらしいうさぎたち。あえて色味を抑えて描かれた絵からは、幸福感がこぼれ...

『どこいったん』オチにビックリ! それともニヤリ? ブラックユーモア英語絵本

黒目のクマが二本足でヌッと立っているのが印象的な絵本『I WANT MY HAT BACK』(『どこ...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。