動物たちの心温まる友情のお話はいかがですか?

海外絵本におすすめのPar La Fenetre

とても可愛らしい優しいタッチが目を引くエミールジャドゥの絵本。今回のお話は、オオカミと動物たちが繰り広げる、心温まるお話です。

繰り返しのフレーズが頭に残ります。

大きなシカが窓辺に立っているところから物語は始まります。窓辺から外を眺めていると、ウサギがこちらに向かって走ってきます。

“Cerf Cerf……Ouvre-moi! Le loup arrive……”
(シカさんシカさんドアを開けて! オオカミが来るわ) 

するとシカはドアを開けてウサギを招き入れます。そして2匹は窓辺にて外を眺めていると、今度は、

“Cerf Lapin…… Ouvre-moi…… Le loup arrive……”
(シカさんウサギさんドアを開けて! オオカミが来るよ)

と,ブタがこちらへ向かってきます。そして今度はブタを招き入れます。

海外絵本におすすめのPar La Fenetre

3匹で同じように外を見ていると今度はクマが同じようにやってきます。そして同じようにクマも招き入れられます。

“Attention, attention…… Voilà le loup!”
(気をつけて! オオカミがきたよ!)

海外絵本におすすめのPar La Fenetre

さあオオカミがこっちへやってきました! みんな気をつけて!

自分で読める年頃にもおすすめ

オオカミに追いかけられてるのかと思いきや、なぜか嬉しそうな動物たち。そして思いがけない結末に、心がほっこりし自然と笑顔がこぼれます。子ども達もページを進めていくうちにオオカミの出現をドキドキしながら待ちますが、最後にはオオカミがみんなの友達とわかってニコニコになります。

素朴で優しい色使いの絵も、優しい話にぴったりマッチしています。決して繊細な描写ではないのですが、大胆に単純に描かれている動物たちの表情は、しっかりとオオカミが到着するまでのドキドキ感が伝わってきます。

繰り返される単純な文章や、動物たちの単語の出現により、言語の習得や絵本を読み始めるお子さんと一緒に読むにもおすすめです。子どもが小さい頃は、よく一緒に一語一語一句読みあげる練習をしました。

海外絵本におすすめのPar La Fenetre

子どもの世界観を伝える著者、エミールジャドゥール

著者のエミールジャドゥールはベルギー出身の絵本作家ですが、この本の他にも約70冊もの絵本を発表しています。国内外でも人気のある著者は、1992年には日本でも絵の展覧会を開いていたこともあります。どの本も優しいタッチのパステル画が特徴で、動物が主役のものや人間の子どものものなど、絵を眺めるだけでも楽しめるのではないでしょうか。

数々の児童書の賞を受けたことのある著者ですが、その中でもこの本は、貧しい子どもに寄贈する本としてイギリス政府によって選ばれたことがあります。

著者の特徴としては、子どもの世界観に入り込むのがじょうずで、時には鳥、ウサギ、ブタなどになって子どもの日常生活を映し出します。本人はあるインタビューで次のように話しています。

“C’est dans le creux de l’oreille que m’arrivent les mots de mes albums. Mon crayon les dessine et l’aventure démarre. Il neige souvent dans mes images. Un petit lapin m’accompagne; alors je lui mets une écharpe pour qu’il ne prenne pas froid, parfois il la partage. Tiens, c’est début d’une”

(文章は耳に突然舞い降りてくる。するとペンが絵を描き出す。雪が降り出したり、小さなウサギが一緒に歩き出したり。寒かったらコートを着せてあげたり、そのコートを一緒に着たりしていると、ほら話が勝手に進みだした)

オオカミから隠れるようにシカのお家に集まる動物たち。窓辺から外を眺めて、オオカミの到着を今か今かと待っています。動物たちが肩を組んで窓辺に立っている場面は、とても人間味があるシーンでした。

友達がいるって大切だなと、シンプルだけどきっと一番大切なことを教えてくれることでしょう。

プロフィール

Sorairotaraco

ライター:Sorairotaraco

9歳と4歳の娘のハハです。
上の子は目下本の虫。下の子も本の虫候補生で、毎晩絵本の読み聞かせを心待ちにしています。
苦手な英語とフランス語の発音は、声に出して読みながら何度も繰り返し、コツをつかみたいと日々奮闘中。英語の言葉遊びの楽しさやフランス語の音の美しさを、絵本で体感しながら読み聞かせを楽しんでいます。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。