イギリスのティータイムに現れた腹ぺこのトラのお話

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』
ライター:yumitchellco

うららかな午後のおやつタイム。もし、あなたと子どもの楽しいおやつの時間に、お腹をすかせた大きなトラが訪ねてきたとしたら、あなたはどうしますか? それも、とても礼儀正しく「ごめんください。ぼく とても おなかがすいているんです。おちゃのじかんに ごいっしょさせて いただけませんか?」なんてお願いしてきたら? 追い払う? それとも、招き入れる?

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』

この『The Tiger Who Came to Tea』(『おちゃのじかんにきたとら』、童話館出版)は絵本のタイトルにある通り、1匹のトラがおうちにやってきます。それも赤ちゃん絵本に出てくるような可愛いマスコットのようなトラではありません。すごく大きくて、強そうなリアリティ溢れるイラストのトラです。

このトラを快く招き入れたから、さあ大変!

子どもが喜びそうな少し“クレイジー”な楽しいお話。しかし、その中に、他人に礼儀正しくふるまう登場人物の姿や言葉使い、家族の幸せな時間、また随所に現れるイギリス文化、そして作者の波乱万丈な人生など、色んな視点から親子で楽しめる1冊です。

トラがうちにやってきた!

ある日ソフィーという名の女の子が、キッチンでママとお茶の時間にしようとしています。その時に家のドアベルが鳴ったので、誰かと思ってドアを開けてみると、大きな毛むくじゃらのトラがいるではありませんか!

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』

トラはとても礼儀正しく、

原文
“Excuse me, but I’m very hungry. Do you think I could have tea with you?”

日本語訳
「ごめんください。ぼく とても おなかがすいているんです。おちゃのじかんに ごいっしょさせて いただけませんか?」

と尋ねます。ソフィーのママは快く、”Of course, come in.” (もちろん いいですよ。どうぞ おはいりなさい)と招き入れます。そしてお腹をすかせたトラに ”Would you like a sandwich?”(サンドイッチはいかが?)、”Would you like a drink?” (のみものは いかが?)と食べ物や飲み物を勧めてふるまいます。

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』

するとトラはサンドイッチやケーキはおろか、家中のありとあらゆるものを食べ尽くして去っていってしまいます……。帰り際に、

原文
“Thank you for my nice tea. I think I’d better go now.”

日本語訳
「すてきな おちゃのじかんを ありがとう。ぼくは そろそろ おいとまします。」

と礼儀正しい挨拶も忘れずに。

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』

家中の物を食べ尽くされたソフィーたち。さあ大変! 夕飯はどうしましょう?

イギリス文化がつまった1冊

本作『The Tiger Who Came to Tea』(『おちゃのじかんにきたとら』、童話館出版)は娘が3才を過ぎた頃に内容を全て暗記するほど大好きになった本です。娘のお気に入りはなんといってもイギリス文化である「ティータイム」というセッティング。イギリスにはモーニングティーやイレブンシス、アフタヌーンティーなど独自のお茶文化がありますが、特にアフタヌーンティーでは紅茶と一緒にサンドイッチやスコーン、ケーキを食べます。イギリス育ちの娘にはとても馴染み深かったようです。

日本の子どもにとっても、この2~3段のアフタヌーンティースタンドもオシャレで興味深く映るのではないでしょうか。絵本を通して異文化に触れられるのも、本作の大きな魅力ですね。

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』

またこの作品を読んで、食卓は以前よりもとても楽しいものになりました。娘はいつも「トラさんは、ママのご飯も、パパのご飯もXX(娘の名前)のご飯もみーんな食べちゃうねー」と言ったり、自分がトラになりきって、いっぱい食べるので出されたものを残さず食べるようになりました。

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』

現実的に考えると、家中の物を全て食べ尽くして帰っていくトラは困り者なのですが、本作ではソフィーもソフィーのママも、そしてソフィーのパパも何一つ迷惑そうでもなく、最後には楽しい家族の時間を過ごします。登場人物が誰1人怒らない、悲しまない、傷付かないので、読み終わった後に親子揃って楽しい気持ちになれますよ。

作者ジュディス・カーの人生にも注目

この『The Tiger Who Came to Tea』(『おちゃのじかんにきたとら』、童話館出版)の作者ジュディス・カーはユダヤ人の父を持つドイツ人です。第二次世界大戦中にナチス・ドイツからイギリスへ逃れ波乱万丈の幼少期を過ごしました。児童書評論家の一部では本作に出てくるトラはナチスがモデルではないか(人の家に押し入り、人や財産を取り上げていく)と言う人もいます。また、そのような戦争体験から、困った人やお腹がすいている人に親切にする、手を差し伸べてあげるというメッセージが隠されているのではという評論家も。このような作者の人生経験を踏まえた上で、本作を読むとまた違った視点から楽しめます。パパママはこの物語の奥深さも感じて頂けたらと思います。

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-tiger-who-came』

作者ジュディス・カーは本作『The Tiger Who Came to Tea』(『おちゃのじかんにきたとら』、童話館出版)も代表作の1つですが、もう1つ「MOG」シリーズを避けて通ることはできません。『Mog the Forgetful Cat』(『わすれんぼうのねこ モグ』、あすなろ書房)をはじめとする、誰もが大好きになってしまうモグのお話も必見です!

プロフィール

yumitchellco

ライター:yumitchellco

3歳の女の子を持つ英国北部スコットランド在住のママです。
「本との出会いは一生の財産」をモットーに娘が0歳の時から毎日読み聞かせは欠かしません。絵本を通して様々な世界を体験してもらいたいと、日々、どんな絵本を読んでいるか、どんな絵本が面白いかママ友と情報交換をしては色々な絵本を読んでいます。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

LINEで送る

シェア

ツイート

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。