エリック・カール最新作! 常識の枠を超えたショーにしっかりついてきてね!

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-nonsense-show』
ライター:yumitchellco

ちょっと変わった表紙の絵本。皮が向かれたバナナから出てきたのは、なんとヒヨコ! えええ!?

2015年にリリースされたエリック・カールの最新作(2017年5月現在)は、「何じゃこりゃ~??」と思うようなイラストの連続がとても楽しい1冊。あの名作『The Very Hungry Caterpillar』(『はらぺこあおむし』、偕成社)や『The Very Busy Spider』(『くもさん おへんじ どうしたの』、偕成社)のような虫や動物を主人公にした作品とは随分と雰囲気の変わった、まさにエリック・カールの新境地!

絵本のタイトル「Nonsense = ばかげている」からもおわかりのように、この『The Nonsense Show』は私たちの常識を飛び越えた何とも不思議でクレイジーで、ちょっぴり馬鹿馬鹿しい(?)イラストの連続のショー。物語のようなストーリーはなく、ただファッションショーを見るような感覚で、次々とページをめくってみましょう。クレイジーで可笑しなイラストの連続に大笑い間違いなし!

心の準備はいい? このナンセンスショーにしっかりついてきて下さいね。

常識の枠からはみ出したイラストの連続

原文
“Welcome, friends! Don’t be slow. Step right up to The Nonsense Show!”

日本語訳
「みなさん ようこそ! 出遅れないでね。このナンセンスショーによっておいでよ!」

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-nonsense-show』

こんな文から始まる可笑しなショー。あれれれれ? ウサギのマジシャンが帽子から取り出したのはハトではなくて人間??

ページをめくると、水槽の中に入れられた鳥に、鳥かごの中に浮く魚! えええええ??

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-nonsense-show』

私たちの常識を覆すイラストの連続に困惑してはいけません。これは「ナンセンスショー」なんですから。

次々と現れる変なイラスト。お腹のポケットに人間の子を入れたカンガルー。しっぽがなく、両端に頭のあるヘビ。タイヤのないタクシー。蒸気の代わりに、真っ白な羊が出てくる蒸気機関車。人の顔をした馬。上半身と下半身が違うスピードで走るヒト。 海外絵本・英語絵本におすすめの『the-nonsense-show』

もちろん、全てのイラストはあのエリック・カール独特の大胆でカラフルで味わい深い。親子で思う存分、大笑いしてみて下さいね。

まずは英語の絵本を楽しむ、好きになる。これが原点!

子どもに英語の絵本を読む場合、文学的に優れたものを読んであげたい。英才教育のために読んであげたい。将来、世界に通用するような大人になるために今から英語に触れさせてあげたい、と思いながら読んでいるパパママが多いのではないかと思います。

ここでご紹介しているエリック・カールの『The Nonsense Show』は文学的とは言いにくい作品かもしれません。しかし、個人的に、こういう本もあっていいのではないかと思うのです。ストーリー展開はないけれど、子どもが見て楽しい、読んで楽しい、読みながら大笑いできる1冊。日本語ではない別の言語で書かれているけれど、なんだかとっても変で面白い。絵が大きくてカラフルで好き。長いお話じゃないから、またすぐ手に取ってページをペラペラめくりたくなる、そんな本。

<海外絵本・英語絵本におすすめの『the-nonsense-show』

4才の娘がこの本に出会ったのは半年ほど前。ページをめくる度に「えええー? ナニこれー! 変だよー」と言いながら、楽しそうに何度も何度も読み返していました。この「常識」を飛び越えたイラストが娘に新たなイマジネーションを与えたようで、何かを別の物に見立てて遊ぶ、なんてことも始めました。4才になった今でも大好きな本の1冊です。

もっともっと読もう! エリック・カールの絵本

名作『The Very Hungry Caterpillar』(『はらぺこあおむし』、偕成社)を読んでから、エリック・カールの大ファン、という親子も多いのではないでしょうか? 『The Very Hungry Caterpillar』(『はらぺこあおむし』、偕成社)の出版から48年。近年のエリック・カールの作品は昔とまた少し雰囲気の変わった作品が多いです。クラッシックなエリック・カールと、近年の新たなエリック・カールの世界と、味のちがった両方のエリック・カールの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

作家紹介のページにもこんなナンセンスな写真を載せちゃうエリック・カール。

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-nonsense-show』

作者のユーモア溢れる遊び心いっぱいの性格がこの『The Nonsense Show』にはぎっしり詰まっています。パパママにとっても子どもの頃に持っていた遊び心を取り戻させてくれる作品になるのではないでしょうか。

プロフィール

yumitchellco

ライター:yumitchellco

3歳の女の子を持つ英国北部スコットランド在住のママです。
「本との出会いは一生の財産」をモットーに娘が0歳の時から毎日読み聞かせは欠かしません。絵本を通して様々な世界を体験してもらいたいと、日々、どんな絵本を読んでいるか、どんな絵本が面白いかママ友と情報交換をしては色々な絵本を読んでいます。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。