エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-very-hungry-caterpillar』

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といってよいでしょう。おはなし会の読み聞かせや幼稚園・保育園などの出し物でも人気の作品です。

きっとどこかで一度は出会っている『はらぺこあおむし』ですが、原書版『The Very Hungry Caterpillar』を読んだことはありますか? 慣れ親しんだ絵本を英語で読むと、また新しい発見があるかもしれません。

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-very-hungry-caterpillar』

エリック・カールの特徴といえる鮮やかな色彩とコラージュ画法もさることながら、一番の驚きは絵本に穴が開いていること。赤ちゃんから未就学児まで幅広く楽しめる仕掛けが施されていることが、大きな魅力となっています。

『はらぺこあおむし』は、小さなあおむしがある朝葉っぱの上の卵から生まれるところから始まります。お腹が空いているあおむしは、食べ物を探し始めます。

月曜日にはリンゴを1個食べ、火曜日にはナシを2個、水曜日にはプラムを3個……とどんどん、たくさん食べていきます。それでもまだまだお腹が空いているあおむしは美味しい食べ物も食べ続け、一週間後にはお腹が痛くなってしまいます!

すっかり大きくまるまる太ったあおむしは、いよいよさなぎの中に入ります。さて、あおむしはいったいどうなってしまうのでしょう?

穴の開いた絵本に興味津々になる子どもたち

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-very-hungry-caterpillar』

まず目を引くのが、最大の特徴である穴がいくつも開いて段々になっているページです。月曜日から金曜日まで果物を食べ続けるあおむしが、リンゴやイチゴなどに開いた穴から出てくるのが見えますね。

原文
“On Monday he ate through one apple,
But he was still hungry.”

日本語訳
「げつようび
りんごをひとつ みつけて たべました
まだ おなかは ぺっこぺこ」

食べながら穴から出てくる様子と、まるまる1個を食べつくすのを“ate through”という単語で表しているのが面白く、わかりやすいですね。

あおむしは、順番にこんな風に果物を食べていきます。

月曜日には“one apple”「リンゴ1個」
火曜日には“two pears”「ナシ2個」
水曜日には“three plums”「プラム3個」
木曜日には“four strawberries”「イチゴ4個」
そして金曜日には“five oranges”「オレンジ5個」

曜日と数を一緒に覚えられる工夫がすばらしいです!

日曜日の朝に生まれたあおむしは、土曜日においしい食べ物を食べ過ぎて晩にお腹をこわしてしまいます。太陽とお月さまも登場していて、自然と朝晩の違いや一週間という社会の仕組みを知ることもできます。

歌を使って読み聞かせするのも楽しい♪

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-very-hungry-caterpillar』

おいしそうな食べ物が2ページいっぱいに10個も描かれた土曜日になると、子どもたちはいっそう興味津々にあおむしの食べっぷりに食いつきます。

興味を持ったらチャンスです。食べ物に開いている穴を一緒に触りながら数を数えたり、「この中で一番好きな食べ物は何?」などとお子さんの興味をどんどん引き出せます。あおむしみたいにむしゃむしゃ食べる真似をしながら読み聞かせをしても楽しいですね。

ところで日本語版『はらぺこあおむし』は歌のCDが発売されていて、読み聞かせやおはなし会で広く利用されていますが、英語版の歌もあることをご存知でしょうか?

“The Very Hungry Caterpillar Song”として、マザーグースの詩として有名な“Ten Little Indians”「テン・リトル・インディアン」の歌を替え歌にしています。公式の歌としてCD発売されている歌はありませんが、やはり幼稚園などで読み聞かせに使われているようです。

あおむしがたくさんの食べ物を食べて大きくなっていく様子を、日本語版・英語版ともに歌でも楽しめるとよいですね。

出典:Youtube

おはなし会で初めて出合った大型手作り絵本

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-very-hungry-caterpillar』

『はらぺこあおむし』に初めて出合ったのは、息子が1~2才の時に参加していた育児サークルのおはなし会でした。赤ちゃんばかり集まった会で、手作りの大型絵本とあおむしのぬいぐるみを使って、工夫を凝らした読み聞かせをしていただいたことを思い出します。

あおむしが食べ物の穴から入って出ていくのを、子どもたちは食い入るように見つめていました。こんな風に工夫された楽しいおはなし会は初めてだったので、それから足繫くこども図書館へ行って絵本を借り、家でも読み聞かせをするようになりました。

『はらぺこあおむし』はさまざまなサイズのものがあり、特に日本語版ではぬいぐるみ付きや歌のCD付きなど種類も多いので、どれを買うか迷ってしまいます。

私が買ったのは、子どもがどれだけ触っても破れないほど丈夫な厚紙で作られた、持ち運びやすいちょうどよい大きさのボードブックです。これは長く愛用できるのでとてもおすすめです!

海外絵本・英語絵本におすすめの『the-very-hungry-caterpillar』

『はらぺこあおむし』の魅力はもちろん、今まで述べてきたようなさまざまな工夫と親しみやすさですが、一匹のあおむしの成長物語としてのストーリー性がひときわ輝きを放っています。

卵から生まれた小さなあおむしが力いっぱい食べて大きくなり、やがてさなぎから美しい蝶になっていく姿を、わが子に思いを重ねる親が共感するのは自然なことです。それはきっと、どの国でどんな言語で読まれてもきっと同じでしょう。

そんな普遍性が『はらぺこあおむし』をエリック・カールの代表作にし、人気を保ち続けている理由なのではないでしょうか。

【関連記事】

エリック・カール作品の数々をピクブクライターが紹介しています!

プロフィール

suppy

ライター:suppy

9歳になる息子と今まで多言語学習と世界の絵本に親しんできたアラフォーママです。
いろいろな国の言葉に触れて世界に興味を持ってほしいと思い、こども図書館やおはなし会に通って、たくさんの絵本と出会いました!
子どもと一緒に英語の発音を改めて勉強するつもりで、今も英語絵本の読み聞かせをしています♪

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

LINEで送る

シェア

ツイート

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。