イギリスで30年以上愛され続けるロングセラー絵本『メグとモグ』

海外絵本・英語絵本におすすめの『meg-and-mog』

「子どもの頃、とにかく大好きで何度も何度も親に読んでもらったなつかしい本はありますか?」

親があきれるほど何度も何度も読んでもらった本。思い出すと、ついつい笑顔になって、なつかしく感じる本。話の中身は覚えてないけど印象的なイラストだけは鮮明に覚えている本。ボロボロになっても大切にしていた本。その当時、住んでいた家や近所の友達を思い出させるような本。誰にも1冊はそういった「お気に入りのなつかしい本」があるのではないでしょうか?

ここでご紹介する『Meg and Mog』(『メグとモグ』、偕成社社刊)は1970年代に発行され、イギリスの子どもたちに30年以上も愛され続けるヘレン・ニコルのシリーズ第1作目。シリーズで全20冊以上も続編があり、テレビ・アニメ化もされた本作は、今、小さいお子さんを持つ世代のママであれば「なつかしい! 私が子どもの頃によく読んだわ!」と懐かしく感じる絵本の1つ。イギリスで生まれ育った子どもであれば誰もが読んだことがある、といっても過言ではありません。

お話の主人公は魔女のメグとネコのモグ、そしてフクロウ(日本語版ではホーという名で登場)。

海外絵本・英語絵本におすすめの『meg-and-mog』

ちょうどハロウィーンのこの日。メグは真夜中に起きると、服を着替え、朝食を作ってモグとフクロウと食べ、その後ほうきに乗って、お友達の魔女たちとハロウィーンパーティーへ向かいます。丘の上で仲良しの魔女が集まり、みんなで呪文を唱えたところ……あらららららら! 大変! そこで思わぬ展開が待っていました。

ちょっぴりおとぼけ者の魔法使いメグとその仲間が繰り広げる愉快なお話は、きっと親子で笑いながら読めること間違いなし!

シンプルだけど印象的な色使いのイラスト

私がはじめて本書を手にとった時の率直な感想は「イラストがちょっとシンプル過ぎない?」でした。メグの足は棒だし、モグも白と黒だけ。背景も単色。表紙の絵だけ見ると、イラストはとってもシンプルで、色使いも少なく感じるかもしれません。

しかし絵本の中身を開いてみると、その色使いのカラフルさと、シンプルでわかりやすいイラストが次々と出てきます。ページをめくるごとに出てくる元気カラーいっぱいに描かれたイラストにドキドキワクワク! 見て、思わず元気になるイラストの連続です!

イラストのみならず、その中に吹き出しが書かれているページもたくさんあります。吹き出しの中に書かれているのは子どもの大好きな擬音語。”Yum Yum”(おいしい、おいしい)だったり “Prrrr”(ネコがゴロゴロのどを鳴らす音)など読み聞かせのスパイスになるような擬音語がたくさん盛り込まれています。

元気カラーのイラストと、楽しい擬音語で、読み聞かせの時間がもっともっと楽しいものになりますよ。

ユーモアたっぷりのお話に大笑い!

“Once upon a time”(昔々、あるところに)から物語がはじまる本作。このクラッシックな始まり方も個人的には大好きなのですが、4才の娘の一番のお気に入りはメグがパーティーに出発する前に、朝食を作るシーン。鍋に材料を入れていきます。

海外絵本・英語絵本におすすめの『meg-and-mog』

卵、パン、ミルク……。ところが、「ええー?こんな組み合わせでいれちゃう?」というような材料も入っていきます。できた朝食が一体何なのか想像もつきません。ところが、このちょっと可笑しなシーンが子ども心を掴むようで、砂遊びや粘土遊びをする時も大人の私たちが想像できないようなものを作ろうとしますし、そこに入れるものも様々で、遊びにまでイマジネーションが広がっています。

メグの魔女のお友達とパーティーで魔法の呪文を唱えるところも大好き。とにかく変な物ばかりを鍋に入れて呪文を唱えようとします。そのちょっぴりユーモアたっぷりのシーンで娘はいつも大笑い!

そして、ちょっとマイナーですが、どのシリーズも本の最後のページはいつもメグとモグとフクロウが”Goodbye!”(またね!)と手を振って締めくくられます。

海外絵本・英語絵本におすすめの『meg-and-mog』

娘はこの最後のページもなぜか大好き。絵本を楽しんだ後はいつもメグとモグとフクロウ3人にバイバイを言って絵本タイムが終わる、というのがお決まりのようになっています。

シリーズで読もう! 「メグモグ」シリーズ

冒頭でも触れたように『Meg and Mog』はシリーズで全23冊あります。どの作品も1作目の『Meg and Mog』(『メグとモグ』、偕成社社刊)に負けず劣らずの愉快なストーリーです。

海外絵本・英語絵本におすすめの『meg-and-mog』

娘は特に『Meg’s Eggs (Meg and Mog)』(『メグとふしぎなたまご―メグとモグのおはなし』、偕成社社刊)と『Meg’s Veg』がお気に入りのようで、「メグモグ」シリーズとなると必ず読みたい2冊のようです。シリーズで集めるのも楽しいですね!

またこの絵本を原作としたテレビアニメも作られています。日本語版もあるので英語と日本語と2か国語で楽しんでみてはいかがでしょうか?


Meg and Mog

メグとモグ

クラッシックで子どもにもわかりやすいシンプルなストーリ展開で且つコミカル。シンプルだけど元気カラーいっぱいのイラスト。読めば読むだけ、メグの世界に引き込まれます。1度読めば、なぜイギリスで何十年と愛され続けているかがわかるはず。メグとモグの世界に親子で大笑いしてください!

プロフィール

yumitchellco

ライター:yumitchellco

3歳の女の子を持つ英国北部スコットランド在住のママです。
「本との出会いは一生の財産」をモットーに娘が0歳の時から毎日読み聞かせは欠かしません。絵本を通して様々な世界を体験してもらいたいと、日々、どんな絵本を読んでいるか、どんな絵本が面白いかママ友と情報交換をしては色々な絵本を読んでいます。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

はじめてのアルファベット学習にオススメ 楽しく学ぶ本

みなさんは、どのようにアルファベットを覚えましたか?日本では、「きらきら星」のメロディにのせて歌う「...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

はじめてのアルファベット学習にオススメ 楽しく学ぶ本

みなさんは、どのようにアルファベットを覚えましたか?日本では、「きらきら星」のメロディにのせて歌う「...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。