親のあるべき姿と英文の面白さを、日本のベストセラーから学ぼう!

daruma1

加古里子さんの大人気「だるまちゃん」シリーズ一作目で、 1967年初版ロングセラーの英語版です。

だるまちゃんとてんぐちゃんがじゃんけんしている表紙は、とても生き生きしていて今にも声が聞こえてきそうです。

愛嬌のある顔に白い手足のあるだるまちゃんが主人公で、なんでも人のモノに興味を持ち欲しくなる幼児の気持ちと、それを叶えようと奮闘するお父さんを描いたお話です。

加古里子さんならではの見開きいっぱいに描いてある絵はバラエティーに富んでいて、どのページもお話を膨らませ、子どもと「対話」しながら読み進めていくことができます。

幼児の代表だるまちゃん

仲良しのだるまちゃんとてんぐちゃん。あるとき、だるまちゃんは、てんぐちゃんのかぶっている帽子が欲しくなり、お父さんのだるまどんにねだります。

“I want a hat just like Little Tnegu’s!”
(てんぐちゃんの ような ぼうしが ほしいよう)

それを聞いただるまどんは、家中から帽子を集めてつくるのですが……。

誰もが、友達が持ってるモノがステキに見えたり、友達と同じモノを持ちたい、それに近づくために知恵を絞ることは成長の過程であったと思います。そんな気持ちを等身大で描いた作品です。だるまちゃんが欲しいものを手に入れて満足している姿に、子どもたちも共感できるのではないでしょうか?

daruma_01_resize

 

この本の対象年齢は3歳〜5歳とありますが、簡単な言葉と身近なモノが描かれており、絵を見るだけでも楽しいので、我が家では3ヶ月の息子に見せて、親子で楽しんでいます。

愛情と親としての在り方のお手本

家中から集めて来てだるまちゃんが欲しいと願った「帽子」をお父さんが見せている場面では、帽子の絵だけで37種類も描かれます。しかし、残念ながらだるまちゃんが欲しい「てんぐちゃんのかぶっている形をした帽子」はありません。

だるまちゃんは周りを見回してひらめきます。お母さんだるまが片づけていたおわんを逆さにしてかぶり、「帽子」にしたのです。大人は、「帽子」と聞いて帽子しか用意できませんが、子どもには見たままの形をそのまま代用できるステキな発想力があります。

お子さんが大きければ読みながら、どんなものがだるまちゃんの欲しい「もの」になるかを一緒に想像したり描いたりしてみると、さらに楽しみ方が広がります。

子どもと等身大に描かれただるまちゃんが、人のモノが欲しくなる時期にどんな風にその欲求を満たしていくか、親としての接し方も見えてくる親子の教育絵本といってもいいでしょう。

日本語の“音”や“行間”は英文ではどう表現されるのか?

本書は日本のベストセラーの英語版なので、横に日本語版を置いて、日本語と英語を読み比べながら、読み進めることもできます。日本語ならではの“音”や“行間” に込められた意味合いが、英語版では詳しく説明されているのが分かります。

たとえばだるまちゃんが欲しがった「てんぐの鼻」みんなで作るシーンでは、

「だるまどんは ぺったら ぺったん おもちをついてー」
という記述に対し

“Grandfather Daruma steams some rise,
…and Mommy and Daddy Daruma pound it to make rice cakes, ”

と絵を説明するように書いてあるため、絵を指しながら読むことで単語の意味も分かりやすくなり、小さい子どもでも目で追ってくれたりします。

また、だるまちゃんが「いいこと」を思い付く場面で登場する「そのうち だるまちゃんは いいことを おもいつきました」という表現は、“Then he just happens to look at the dining table”と訳されています。いいことを思いついたときに具体的に見ていた“dining table”という要素が追記されているのが分かります。

daruma_01_resize

daruma_01_resize

以下の「おもちをついてまるめる場面」では「だるまどん」しか登場しませんが、英語版ではGrandfather DarumaやGrandmother Daruma、Little Darumakoという英単語を使って、みんなでお餅を作ったことを表現しています。

daruma_01_resize

daruma_01_resize

子どもが成長し自分で英文を読んで理解できるようになったときに、原本と英語版を読み比べることでさらに学習意欲が沸くのではないでしょうか。

読み聞かせ用のCDや、You Tubeを用いれば、英語が話せない、苦手だった方でも、ネイティヴ発音で子どもに聞かせることもできます。しかしこの絵本は、簡単な単語とわかりやすい文になっており、さらに英語ならではの冠詞や代名詞を学ぶことができる一冊です。この機会に一緒に英語を勉強してみてはいかがでしょう。ぜひ、トライしてみてください!

プロフィール

すずらん21

ライター:すずらん21

読み聞かせの会も含め、5ヶ月の息子と図書館通いも楽しんでいる本大好きママです。語
り手や絵本作家に一時期憧れており、その世界は特に興味深く、語学も好きな私は翻訳と原書両方読んで文化の違いも楽しんでいます。
本も出逢いと思っていて、今は子どもと一緒に音節を楽しんだり絵をじっくり見る、パ
ラパラと素早く読んだりと、子どもの脳科学も取り入れバリエーション豊かな楽しみ方をしております。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

LINEで送る

シェア

ツイート

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。