マザーグースの遊戯歌『ロンドン橋が落ちまする!』

海外絵本英語絵本の読み聞かせならLondonBridgeIsFallingDawn!

いつかどこかで一度は耳にしたことがあるマザーグースのひとつ『London Bridge Is Falling Down! 』(『ロンドン橋が落ちまする!』,冨山房刊行」という唄は、私も幼少期に英語で歌っていました。それにピータースピアーのステキな絵にのせて、お話として読んでみてはいかがでしょうか。

そもそもマザーグースとは?

『マザーグース』とは英語の伝承童謡の総称で特定の作者がいるわけではなく、昔話のように親から子へと伝えられてきたものです。イギリスでは『ナーサリー・ライム』の方が馴染みがあり、唄の数はイギリスとアメリカ発祥で600から1,000以上あると言われています。

童謡の形式としては「なぞなぞ唄」、「子守唄」、「遊戯唄」、「早口唄」、「物語性のある唄」、「積み上げ唄」、「暗記歌」など様々な種類があります。

この『ロンドン橋が落ちまする!』は「遊戯唄」になります。2人の子供が向かい合って手をつなぎ、腕を高く上げ、その中を他の子供が歌いながら通り、歌詞の“My fair Lady”のところで腕を上げていた2人が腕を下ろし通っていた人を捕まえる、という遊びです。日本でも同じような「通りゃんせ」という遊びがあります。

実は深い意味やいろいろな逸話がある唄

海外絵本英語絵本の読み聞かせならLondonBridgeIsFallingDawn!

西暦46年、ローマ人によって架けられた木製の橋は、侵略から守るために人為的に破壊されたり、暴風雨や火災で焼失しました。1209年、今度は管理者の司祭によって33年の年月をかけ永久橋として石造りになりました。しかし地震、洪水などでまた何度も流れ落ちました。

その都度改修、再建されましたが600年以上長く使用され老朽化したため、1831年ジョン・レニーの新しい石橋が出来ました。それから1973年、建築家のジョン・モウレムにより、7年かけ現在のロンドン橋が完成しました。エリザベス2世によって盛大な開通式も行われたそうです。

絵本の巻末は2000年にものぼる歴史が書かれていて、ヨーロッパ史とに楽しく、勉強にもなります。

海外絵本英語絵本の読み聞かせならLondonBridgeIsFallingDawn!

ただ歌ってるだけではもったいない! イメージと結びつけた学習効果をUP

この唄は、8小節の短いフレーズで、韻を踏んだ歌詞を繰り返し、歴史が18番の物語になっています。さらにこの絵本は、スピアさんの細部まで細く橋の建設や落ちる様、また橋の上にぎっしり建ち並んだ家や店にテームズ河に浮かぶ船や鳥、人々の服装や風俗など、活き活きとした絵で意味やロンドンの空気を感じ取れます。

海外絵本英語絵本の読み聞かせならLondonBridgeIsFallingDawn!

唄はリズミカルで、遊戯唄なので単調で言葉や文法も簡単なものです。さらに韻を踏んであるので、イントネーションなる強弱や発音も掴みやすく繰り返しも多いので、わかりやすいです。歌っているだけで自然に発音が身につきます。YouTubeでもたくさんのバリエーションがあり、自分の発音に自信がないときは一緒に身につけ直すことも可能です。

友人の4歳の男の子は、幼稚園で習って大好きになったそうで、絵本で18番まであると知って大喜び。読んであげていると最後の楽譜の所で必ず歌っているそうです。絵本で見ることで、イメージだけだったものが具体化し、意味や読み聞かせも入り単語とイントネーションもあるので、自然と楽しい英語学習にも繋がっていきます。

3歳前の女の子も「これ面白い!」と気に入って、いつも歌っているそうです。

英語圏の方が小さい時から慣れ親しんだマザーグース。それは、私たちが「阿吽の呼吸」というようなぱっと思い浮かぶようなイメージや価値観にも大きく影響していると言われます。

いつの間にか日本人の私たちも慣れ親しんだ「ロンドン橋」の唄。スピアさんの絵にのせて、親子でこの絵本を読むことで、垣根を越え唄や英語に慣れ親しみ、発音や文法だけでなく深い英米文化の理解につながるかもしれません。

プロフィール

すずらん21

ライター:すずらん21

読み聞かせの会も含め、5ヶ月の息子と図書館通いも楽しんでいる本大好きママです。語
り手や絵本作家に一時期憧れており、その世界は特に興味深く、語学も好きな私は翻訳と原書両方読んで文化の違いも楽しんでいます。
本も出逢いと思っていて、今は子どもと一緒に音節を楽しんだり絵をじっくり見る、パ
ラパラと素早く読んだりと、子どもの脳科学も取り入れバリエーション豊かな楽しみ方をしております。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

はじめてのアルファベット学習にオススメ 楽しく学ぶ本

みなさんは、どのようにアルファベットを覚えましたか?日本では、「きらきら星」のメロディにのせて歌う「...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

はじめてのアルファベット学習にオススメ 楽しく学ぶ本

みなさんは、どのようにアルファベットを覚えましたか?日本では、「きらきら星」のメロディにのせて歌う「...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。