イギリス発! 女の子に読んであげたいとっておきの英語絵本

海外絵本英語絵本の読み聞かせならthepaperdolls

児童文学、特に小さな子ども向けの絵本は動物や食べ物などが主人公になったものが多く、男の子も女の子も関係なくみんなで楽しめる、といった作品が多いように思います。

紹介する『The Paper Dools』「かみにんぎょう」は特に女の子に読んでもらいたい、ママと女の子のためのとっておきのストーリー。

イギリスの児童文学を代表する作家ジュリア・ドナルドソンがお届けする、心がほんわりと温まる優しいお話です。

女の子とママにぴったり! ガールズストーリー

この物語のメインキャラクターは、どこにでもいそうな普通の女の子。トラさんスリッパをはいていて、蝶のヘアピンをつけた女の子。大好きなママと一緒に5人の紙人形を作るところから物語が始まります。

5人が手をつないでいる紙人形には、5人それぞれにちゃんと名前があります。ティッキー、タッキー、背中しか見えないジャッキー、2つ鼻のあるジムと、リボンのついたジョー。歌を口ずさみながら、さまざまな困難をかわしていく5人の紙人形。恐ろしい恐竜が追いかけていても、迫力満点のトラが近づいてきても、ワニが大きな口を開けて襲ってきても歌を口ずさみながらフワッと空へ飛んでどこへでも逃げていけます。しかし、あるとき女の子の紙人形は、庭で男の子にハサミで切り刻まれてしまいます……。

そんな女の子もいつしか大きくなり、ママになります。そして自分の子どもと一緒に指人形を作って遊ぶのでした。

本作の読みどころである英語の歌遊び

この作品の1番の読みどころは、物語の中で5人の紙人形が何度も出てくるお歌遊びです。

原文
“You can’t get us. Oh no no no! We’re holding hands and we won’t let go. We’re Ticky and Tacky and Jackie the Backie And Jim with two noses and Jo with the bow!”

日本語訳
「つかまらないよ。ノー、ノー、ノー! 私たちは手をつないでいて、バラバラにならないの。私達はティッキー、タッキー、背中しか見えないジャッキー、2つ鼻のジムにリボンのジョーよ」

と歌う箇所は韻を踏んでいて、とてもリズムがよく子どもにとっては楽しいシーンです。

海外絵本英語絵本の読み聞かせならthepaperdolls

絵本を読んであげたあとは、実際に指人形を使って同じような遊びを真似てみたり、実際に紙で人形を作ってみたりとクリエイティブな遊びをしてみてもいいかもしれませんね。日本文化の折り紙もオススメです。

海外絵本英語絵本の読み聞かせならthepaperdolls

作家ドナルドソンから女の子とママへの温かい贈り物

作品では途中、男の子が紙人形をハサミで切り刻んでしまう、という大事件が起こります。「えー、切り刻んじゃうの? 酷い、可哀そう」と思われるかもしれませんが、女の子が泣いたり、2人が喧嘩をしたりするシーンが含まれていないのが本作の特徴です。もしかしたら、女の子は泣いてしまったかもしれない……。けれど、そこには触れずに、大切なモノをどのようにして大切な「思い出」とするかというテーマが織り込まれています。

小さい子どもでも色んな悲しいことが起こります。友達とケンカをしてしまった、玩具が壊れてしまった、お気に入りのぬいぐるみを失くしてしまった、大切なお友達が引っ越ししてしまった、ママを怒らせてしまった、パパを悲しませてしまった、ペットが死んでしまった、大好きだったお店が閉店してしまった……。そんな時でも、その気持ちをどう素敵な思い出に変えるか、という大人になっても大切なテーマを少しでも感じることができるのです。

女の子の記憶の中には、ちゃんと大切な思い出を集めた場所があります。悲しいシーンでもネガティブな気持ちが湧かない、温かい絵本です。

海外絵本英語絵本の読み聞かせならthepaperdolls

本書の作者ジュリア・ドナルドソンは2年毎に選ばれるイギリスで最も著名な児童文学作家(Children’s Laureate)に2011-2013年と任命されたスター作家です。

ジュリア・ドナルドソンをもっと読みたい方は、少し低年齢向けの絵本では、「Tales from Acorn Wood」(『どんぐりもりのおはなし』,評論社社刊」シリーズもオススメですよ。仕掛け絵本になっているので、1才過ぎの「今から絵本に親しむぞ!」という時期にピッタリです。

良い絵本というのは、何才になっても楽しめるものです。この本は児童文学と言えど、私たちの心を浄化してくれるような美しいストーリーで、現地イギリスでも「児童文学にふさわしい美しすぎるストーリー」と評価されています。ジュリア・ドナルドソンの作品を読んだことのないママにとっては、彼女の作品が好きになること間違いなしの1冊です。ママとお子さんでジュリア・ドナルドソンの優しさに包まれたストーリータイムを送りませんか?

プロフィール

yumitchellco

ライター:yumitchellco

3歳の女の子を持つ英国北部スコットランド在住のママです。
「本との出会いは一生の財産」をモットーに娘が0歳の時から毎日読み聞かせは欠かしません。絵本を通して様々な世界を体験してもらいたいと、日々、どんな絵本を読んでいるか、どんな絵本が面白いかママ友と情報交換をしては色々な絵本を読んでいます。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。