大好きなだるまちゃんシリーズの雪のおはなし

海外絵本・英語絵本におすすめの『lillte daruma and the rabbits』

大人になった今でも覚えてる絵本の代表作ともいえるだるまちゃんシリーズ。今回ご紹介する絵本は『Little Daruma and the Little Rabbits』(『だるまちゃんとうさぎちゃん』,福林館社刊)これはだるまちゃんと小さなうさぎのお話です。 

大雪が降った次の日、だるまちゃんとだるまこちゃんは雪だるまを作っていました。だるまちゃんは雪だるまの目にリンゴを使おうとしますが、リンゴは手から落ちてしまいコロコロと雪の中を転げます。

雪玉になってしまったリンゴがうさぎちゃんの頭に当たってしまいました。2羽のうさぎは次から次へとだるまちゃんに質問します。答えに困っただるまちゃんは、2羽を雪だるまのところまで連れてきて、質問に答えているうちにすっかり仲良しになった2人と2羽。みんなで雪うさぎをつくったり、手袋でうさぎをつくったりして遊びます。

海外絵本・英語絵本におすすめの『lillte daruma and the rabbits』

 

だるまちゃんの絵本に時代劇が登場!?

雪だるまに使うはずだったリンゴの雪玉が当たってしまったうさぎちゃん。だるまちゃんとうさぎちゃんは次のようなやりとりが行われます。 

原文
“Thank you both! Without this apples, my snowman would have become a Tangesazen snowman!”
“A Tange-what snowman? What is that?”
“Tangesazen is the name of a strong and famous swordsman who only has one eye and one arm!”

日本語訳
「2人ともありがとう! このリンゴがないと、僕の雪だるまが丹下左膳になっちゃうところだったよ」
「丹下なんとか? なにそれ?」

両方のリンゴがなくなってしまった雪だるまをみて、だるまちゃんは次のようにいいます。

原文
“This must be a Zatoichi snowman!”

日本語訳
「この雪だるまは座頭市だね」

1977年に初版が発行されたこの絵本は、今ではあまり聞かなくなった時代劇の主人公がでてきます。渋いだるまちゃんの時代劇チョイスを、子供と一緒に調べてみるのも面白いかもしれません。

海外絵本・英語絵本におすすめの『lillte daruma and the rabbits』

 

だるまちゃんは手遊び、雪遊びの天才

この絵本の大好きなところは、身の回りにあるものや植物などで遊ぶ手ほどきをしてくれるところです。

赤い実やまつぼっくりを目に見立て葉っぱを耳に見立てた雪うさぎや、手袋で作るうさぎの指人形、ナプキンで作るうさぎや、リンゴで作るうさぎやだるまなど、既成のおもちゃででなくても存分に遊べた子ども時代を思い出し、子どもと共に色々つくってみるのも面白いですね。

海外絵本・英語絵本におすすめの『lillte daruma and the rabbits』

原文
“By the way, do you know where the two apples went? If you do, will you please tell the little rabbits one day?”

日本語訳
「ところで、リンゴはどこに行ってしまったのでしょうか? もし知っているのなら、いつかうさぎちゃんに教えてあげてくださいね。」

大人にはすぐわかってしまう答えも、子どもと一緒に考えると、いろいろな考えが飛び出してきて楽しいですね。

海外絵本・英語絵本におすすめの『lillte daruma and the rabbits』

 

翻訳者は大ベストセラーシリーズのスペシャリスト

1960年代に生まれただるまちゃんシリーズ。この『だるまちゃんとうさぎちゃん』は1970年代後半の作品になります。そしてこのだるまちゃんシリーズを翻訳しているピーターハウレットさんとリチャードマクナマラさんは、他にもたくさんの絵本の翻訳をしており、代表作はだるまちゃんシリーズの他に、ぐりぐらシリーズ、カラスのパン屋さんシリーズなどそうそうたるものです。

寒い冬にぴったりの絵本。小さい頃雪が降るとそれだけでワクワクしたことを思い出させてくれる素敵な1冊です。日本語のオリジナル版と併せて、翻訳書ならではの言い回しを楽しむのも面白いかもしれませんね。

海外絵本・英語絵本におすすめの『lillte daruma and the rabbits』

プロフィール

Sorairotaraco

ライター:Sorairotaraco

9歳と4歳の娘のハハです。
上の子は目下本の虫。下の子も本の虫候補生で、毎晩絵本の読み聞かせを心待ちにしています。
苦手な英語とフランス語の発音は、声に出して読みながら何度も繰り返し、コツをつかみたいと日々奮闘中。英語の言葉遊びの楽しさやフランス語の音の美しさを、絵本で体感しながら読み聞かせを楽しんでいます。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。