反義語や副詞の観念を仕掛けでわかりやすく学ぶ

海外絵本におすすめのにゃんくろうはんたいあそび

英語でもフランス語でも、物の位置などを表す副詞(英語のonや avobe、inなど)は、日本語との観念の違い、捉え方が微妙に違っていて使い方に迷ったり混乱したりすることがあると思います。

この絵本ではそれらの基本的な単語を、猫とねずみによって仕掛け絵本にして、わかりやすく単語を覚えられるようにしてあります。

海外絵本におすすめのにゃんくろうはんたいあそび

 

また副詞だけでなく、反義語の形容詞や動詞も納められており、変化がつけられています。

フレーズはもちろんのこと、ストーリーはなく、各ページ見開きで1ペアの反義語が仕掛けと共に書かれており、幼稚園の年少さんなど長文がまだ読めない初期の言語の発達段階におススメしたい1冊です。全部で8つの仕掛け、16の単語が収録されています。

 

実際の空間を使って反復学習もしてみましょう。

 

うちの長男は年少の頃、園の先生に「上、下、前、中、外…といった副詞の使い方が少し弱いかもしれません」と指摘され、その頃偶然立ち寄ったブックフェアで、こちらの本を見つけて購入しました。仕掛け絵本であることで、すぐに興味を持ちよく一人でも遊んでいました。

 

本の中ではコンパクトに箱の中、外…のように描かれていますが、実際の生活においても家や建物の外、中…というように本の事を思い出させながらその単語を使い、観念的な感覚と単語を繰り返し使って身につけることに役立ちました。

海外絵本におすすめのにゃんくろうはんたいあそび

 

語群の広がりを工夫によって得る

 

全部で16単語しかない本ですが、もし言語的に副詞などの使い方に弱点があるお子さんであれば、関連のあるもっと他の副詞や形容詞などの単語を、実物を使ったりしてどう使うかを聞いたりしながら、どんどん語群を増やすきっかけとして使うことをおススメします。

 

例えば、ページの最後は電気のスイッチの「on/off」が「marche/arrêt」とフランス語訳されていますが、他にフランス語ではallumer/éteindreやcouperとも言います。また、右droiteと左gaucheのページでは真っすぐを意味するdroit(e)も併せて使い方を話したり……。

 

3歳くらいから幼稚園に通うようになると、語群が一気に増えてくる時期です。たったこれだけの内容の本ですが、逆にそこから連想ゲーム的に語群を増やす手助けに使いやすかったように思います。

 

海外絵本におすすめのにゃんくろうはんたいあそび

 

仕掛け絵本はどちらかというと、本を丁寧に扱うことのできない幼児向けではありませんが、幼児こそこういった仕掛け絵本が大好きなのです。

そこでまずは、丁寧に扱うことを教えてください。仕掛けを壊さないような力加減で引っ張ったりする手先の器用さの訓練にもなりますので、ぜひ小さなお子さんにもチャレンジさせてみてください。細かい部分などは大人よりもずっと子供の指先の方が操作するのには向いていたりしますよ。

 

仕掛け絵本の大御所

 

このシリーズは日本語でも(もちろん英語、フランス語でも)多数出版されており、他に色、数、形の仕掛け絵本があります。また、同じイラストレーションでねずみを主人公にした別のシリーズもあります。

 

海外絵本におすすめのにゃんくろうはんたいあそび

 

作者のデビッド・ぺルヘムはロンドンのペンギンブックのアートディレクターを務めた後、多くのSF小説の表紙(『時計仕掛けのオレンジ』アントニー・バージェス著など)のイラストなどを手掛けたことでも有名です。

彼の仕掛け絵本のテクニックは、それまでの単調なポップアップ(飛び出す)絵本の世界に革命を起こしたとされ、ニューヨークの現代美術館やアムステルダムの美術館などにも一部作品が展示されています。他に『サムのサンドイッチ』や、クリスマスを題材にした仕掛け絵本などがあります。

 

語群などを増やしたいと思った時、つい多く単語が収録されていたりするものを選びがちですが、仕掛けや、時にはその魅力的なイラストなどでまず子供の興味を向けさせ、そこからあれこれと発展させていく……という方法もあるのだなと、この本を通じてわかった気がします。

 

フランス語ではdessous(上) と、dessus(下)などは、スペルも発音も似ていて、口語表現では発音が上手くできなければきちんと伝わりません。発音が苦手なママさんは読み聞かせる時には注意が必要かもしれません。自信がない場合は、今は単語を入れれば発音してくれる無料のアプリケーション(Google翻訳アプリ)などがありますので、それを使ってもよいかもしれませんね。

 

海外絵本におすすめのにゃんくろうはんたいあそび

 


にゃんくろうはんたいあそび (しかけえほん)

Applebee Cat Opposites

プロフィール

Jintk

ライター:Jintk

4歳違いの二人の息子のママです。今でも幼児教育において読み聞かせを重視しているフランス。その公立幼稚園で推薦図書として毎月定期購入していた絵本を読み聞かせていました。また日本語教育として日仏両語で出版されている絵本を購入することも。フランスでは学校の勧めで発音矯正士に通わせたりするケースがあり、きちんとした発音を大変気にします。そのためCD付きの絵本があればそちらを購入するようにしています。

おすすめコンテンツ おすすめコンテンツ
なぜ幼児期に海外絵本と触れ合ったほうがいいのか
おすすめキーワード
人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

『The Giving Tree』で与え尽くすことと求め続ける親子関係を考える

2010年に村上春樹翻訳による新版が出版され、途切れることなく多くの人に読み継がれている『おおきな木...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。