【取材】ボルダリングで英語力も知力も体力も伸ばしちゃおう♪

ボルダリング×英語

2020年の東京オリンピックを境に、グローバル環境も激変しそうな昨今。早い段階から我が子をバイリンガルに育てたい! そう思う親御さんは少なくないでしょう。英語に触れる機会をできるだけ多くとってあげたいけれど、あまり「お勉強モード」が強くなりすぎると、かえって英語嫌いになってしまうかも。そんな心配もよぎりますよね。

のびのび楽しみながら、英語にふれる

でも、最近は遊びの中で楽しみながら、自然と英語に親しめるチャンスが意外と多いのです。特に、子どもが夢中になれるスポーツは英語との相性バツグン。そこで今回、取材チームは「ネイティブの先生たちと楽しむボルダリング(bouldering)イベント」にお邪魔してきました。ボルダリングといえば、2020年の東京オリンピックでも公式競技になったことで、いま注目度の高いスポーツです。

今回、ボルダリングイベントをサポートしてくれるのは5名のバイリンガル。

ボルダリング×英語

20代の若い先生たちで、みなさん優しい笑顔が印象的です。

イベントを主催したのは「“英語絵本と歌で”できるバイリンガル子育て」講師として活躍されている林 智代乃(はやし ちよの)先生。ご自身も5歳の女の子のママで、日本語をメインに子育てしながら、お嬢さんは3歳から英文センテンスも読めるようになった「国産バイリンガル」なんだとか。かつては幼稚園教諭や児童英語講師をしていたという林先生。とっても優しい笑顔です。

ボルダリング×英語

英語づくしのスタジオでイベントスタート!

イベント会場になったのは、渋谷駅至近の明治通り沿いにある子ども専用ボルダリングスタジオ「PEKID’S」(ペキッズ)

ボルダリング×英語

元々、子どもたちが英語に親しむための教室から始まったこともあり、スタジオ内には英語があふれています。

ボルダリング×英語

壁一面にはカラフルなホールド(hold)が設置されています。よく見ると、カメレオンやマンモス、魚など可愛らしいものがいっぱい。これなら子どもたちも楽しく壁を登ることができそう!

ボルダリング×英語

今回イベントに参加したのは4〜7歳のお子さんたち。まずはスタジオのスタッフさんが日本語で注意事項を説明したあと、ネイティブの先生がボルダリングのやり方を説明します。

“At first, written with S hold.”
“The same color and same number…”
“Next is here.”
“OK?”

ボルダリング×英語

身振りを交えて、ゆっくりと話してくれる先生。子どもたちは真剣な表情で耳を傾けています。

説明が終わると、さっそくクライミング開始! このタイミングでママたちは退出。ママたちはちょっと心配そう。後ろ髪を引かれつつ、スタジオの外へ。そんな親心をよそに、子どもたちはすでにボルダリングに夢中です。

クライミング中ママたちが同席しないことで、子どもたちがクライミングに集中。積極的に先生と話すようになるそうです。自立心が積極的なコミュニケーション能力を引き出すのですね。

ネイティブ先生との距離が近づいて、会話も弾む

ボルダリング×英語

ボルダリングが盛り上がるに従って、先生との距離も近づいていきます。

“OK! Nice!”

“Good Job!”

ボルダリング×英語

物怖じもせずどんどん登っていく子どもたちに、アドバイスしてくれる先生。

“Next…This One.”

ボルダリング×英語

“ Are you all right?” 

“ …Yes…!”

ボルダリング×英語

先生とコミュニケーションしながら、力を合わせて天井近くまで登ります。

ボルダリング×英語

見事ゴールしたあと、先生と2ショット。達成感に満ちた笑顔です。

ボルダリング×英語

そして早くも次の作戦タイムに突入! 

ボルダリング×英語

こちらでは先生と女子トーク。

ボルダリング×英語

コースを制覇するごとに先生との距離もどんどん近くなり、みんな積極的に先生とお話しできるように。楽しげに先生と会話をしている子どもたちの姿に、今この瞬間にもスクスクと成長していくのを感じました。

思い思いにボルダリング&英語トークを楽しみながら、あっという間の約2時間。
最後に林先生から、子ども達へ英語絵本のプレゼントをして、イベントは終了です。

イベント終了後、林先生にお話を伺いました

今回、なぜ英語に「ボルダリング」の組み合わせだったのでしょう?
ボルダリングは、ここをつかんでその次はどうしたらいいか……という思考が必要なスポーツです。自分の目の前にある情報を整理して、その先を考えて行動に起こす。情報のインプット、アウトプットの思考回路を促してくれ、それが英語情報のインプット、アウトプットにも繋がるんです。さらに知力につながる部分もあります。ホールドをつかむことで握力がついて、それが運筆力につながるんです。

今の子たちは筆力が落ちているのでしょうか?
そうですね。今の子たちは力強い絵が描けなかったり、弱々しい文字を書く子が多いです。
今はご家庭でも幼児教育について、いろいろな取り組みをして頑張っていらっしゃいます。でも、「筆力を上げる」といった基礎力を養うことをせずに、教育だけを積み重ねてしまうケースが多いんです。

運筆力がアップすることでどのような利点がありますか?
文字をスラスラと書けることで板書を写すことにストレスを感じなくなったり、力強い絵を描けるようになったり。運筆力が上がると、問題を解くスピードも上がっていくんですよ。
筆力の向上は、いかに体を使って遊んでいるかにもつながっています。そういった意味でもボルダリングは子どもの知力向上にもとてもよい運動なんですよ。

みんな先生との会話が成立していることに驚きました。帰国子女の子たちが多いのでしょうか?
それが、実は私の知る限りでは帰国子女のお子さんはいないはずなんですよ。インターナショナルスクールの環境に通っていたお子さんが、ほんの数名いましたが、それ以外はみんな普通に日本の幼稚園〜小学校という環境です。ずーっと英語で会話していた女の子たちがいたと思うんですが、彼女たちも普通に幼稚園に通っている子たちなんです。

(取材チーム一同、驚)!! みんなご家庭で英語環境を作ってあげているということでしょうか
今日来た中でも、家では全然しゃべらないっていうお母さまたちも多いんですよ。

今日の様子を見ていたら、信じられないくらいですね! 
親子を切り離してイベントをする理由はそこにあるんです。子どもたちだけになると、意外とみんなよくしゃべっていますよ。さっきまで英語をしゃべっていた子も、ママがそばにいると日本語での会話になるんです。でもある意味、それこそがバイリンガルの基本ではないかとも考えています。

ところでお子さんに英語教育を始めるのに一番良いのはいつ頃なんでしょう?
年齢は早ければ早いほうが良いのですが、タイミングとしてはママが「やってみよう」と思った瞬間がベストです。子どもの年齢にあったアプローチの仕方があるので、子どもにとってはいつでもチャンスがあります。でもママが無理をしたり頑張り過ぎてしまうと、子どもは敏感に感じ取って萎縮してしまうので、ママに負担がないときが私はベストのタイミングだと思っています。

今後、どんなイベントを予定されてますか?
今、実験やプログラミングなどの科学的なものと英語を組み合わせる、ということが注目されているんです。そこで、今度は江東区にある水の科学館にまたネイティブの先生たちと一緒に行くイベントを考えているところです。英語を学びます! というスタンスではなく、遊びながらそこに自然と英語がある、そんな感じにしたいですね。そこで、最後はお土産として、水に関する英語絵本をプレゼントできたらいいな、と考えています。

 

「ママに負担がないときがベストタイミング」という林先生の言葉は、取材チームにとっても目にうろこでした。「英語を学ばせる」と考えてしまうと身構えてしまうママにとっても、子どもを遊ばせる延長線上に英語があると考えたら、気持ちもちょっと楽になりそう。英語×○○イベントは、英語が苦手なママにとって、心強い味方になってくれることでしょう。

ボルダリング×英語

林 智代乃

英語が苦手ママでもできるバイリンガルの育て方講師。
幼稚園教諭・児童英語講師・海外現地幼稚園での研修等を活かしバイリンガル子育てを実践する1児のママ。日本語メインの生活の中、自身の子を1歳半には言いたい事を独力で日英どちらでも文章立てて言えるバイリンガルに。その方法をママたちに伝えるセミナーやコンサル・教材販売等をしており、「英語が苦手ママでも出来るバイリンガルの育て方オンラインカレッジ」も主催。
現在、ピクブクLibraryにて幼児の英語教育の悩みに1つ1つ回答いただいています「幼児の英語教育の悩み」

公式ブログ:英語が苦手ママも「英語絵本と歌で」できる!バイリンガル子育て

ライター:篠原美帆

プロフィール

編集部

ライター:編集部

世界への扉は親子の絆から。
自分の子どもには世界に羽ばたいて欲しいという想い。
私たちは、海外絵本の読み聞かせを通じて、世界の文化や価値観と触れ合いながら、英語やいろいろな言語を学んで欲しいと願っています。
ピクブクLibraryには、子どもの幸せを願うママパパの想いもたくさんつまっています。
海外絵本の読み聞かせ方や、絵本選びのお手伝いができる場になれば嬉しいです。

人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

LINEで送る

シェア

ツイート

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。


ベクトルスマートオブジェクト