教えて! 今注目の3歳からの『親子留学のあれこれ』

親子留学のあれこれ

ここ数年よく耳にするようになった「親子留学」。“興味はあるけど、治安とか滞在の仕方とか、わからないことが多くて不安”という方も多いのでは? そんな方々のご質問に、親子留学を斡旋している会社CURIO Japanの代表、今西由加がお答えします!

Q: 親子留学、子どもは何歳ごろに行くのが良いの?

A: オススメは3歳以上です。3歳にもなると、言葉でのコミュニケーションもできますし、行動範囲も広くなります。3歳以下のプログラムが少ないという現実もありますので、行くなら3歳になってからが良いでしょう。

Q: 親子留学、まずはどこに問い合わせれば良いの?

A: 近年は、親子留学を取り扱っている代理店が沢山あるので、迷ってしまいますよね。インターネットで調べた際、以下の3つのポイントに注意してチェックしてみるのが良いでしょう。

  • サイトが見やすく、問い合わせ欄がわかりやすい
  • 金額も含めたメニュー・プランがわかりやすく掲載されている
  • 最新の情報が掲載されている(数年間更新されていないようなサイトも多々あります)

いくつかの代理展に絞った後、実際に問い合わせを入れてみましょう。平日であれば、48時間以内に何らかの反応がない代理店は要注意。迅速に対応してくれるところを選んでください。

もし行きたい学校や地域がわかっていれば、自身で調べて直接学校にコンタクトをしてみても良いでしょう。言語は英語になりますが、代理店に頼むより20%は価格が押さえられます(英語の勉強にもなりますね!)。ただ、申請から全て自分で対応しないといけないので、慣れていない方は代理店にお願いすることをオススメします。

親子留学のススメ

公式サイト「CHEZMO School」より

Q: 留学先はどうやって選ぶのが良いの?

A: ご自身の興味の対象や、ご希望の過ごし方によって決めましょう。自然が好きな方でしたら、カナダやニュージーランドがオススメです。現地の人たちも優しいので、のんびり過ごすことが可能です。週末は思い切り買い物や遊びを堪能したい! という方でしたら、ロサンゼルスなどの都会も良いでしょう。現地では、英語をみっちり勉強したいのか、親子で現地の生活や異文化体験を満喫したいのかによっても、留学先は変わってきます。

親子留学のススメ

公式サイト「CHEZMO School」より

Q: 留学先ではどのように過ごすのが良いの?

A: ホームステイにするのか、ホテル滞在にするのかで過ごし方が変わってきます。ホームステイの場合は、ホストファミリーと買い物に行ったり、ドライブに行ったり、現地の生活を味わえるという醍醐味があります。ホテル滞在の場合は、プライバシーが守られて、自由気ままに過ごすことが可能です。ご家庭のスタイルに合わせて選んでみましょう。ホームステイとホテルを半々にする、というようなプランも。両方体験できて楽しいと思います。

Q: 英語のレッスンはどうやって選ぶのが良いの?

A: きちんとレベル分けをしてクラスを作ってくれる英語スクールを選びましょう。また、行ってみたら日本人ばかり! という状況もありますので、国籍の比率を事前に聞いておくと良いでしょう。

ニュージーランドでは。公立の小学校(5歳から入学可)に1週間から短期留学が可能です。その場合、英語のレベル分けはありませんが、現地の小学校で現地の子ども達と一緒に授業を受けることができます。“子どもに度胸をつけさせたい”と思ってるご家庭は、公立の小学校に短期で通わせる選択肢も良いでしょう。英語がわからなくても、すぐに友達を作って仲良く遊ぶ我が子の姿に、逞しさと成長を感じること間違いなしです! お子様が学校に通っている間、保護者は別途英語レッスンを受けるプランなどもあります。

親子留学のススメ

Q: 親子留学にかかる費用ってどれくらい?

A: 渡航先や滞在期間によって大きく変わります。東南アジアで2〜3週間程度でしたら、予算は30万〜40万程度で大丈夫でしょう。同じ滞在期間でも、アメリカやカナダ、ニュージーランドなどは50〜60万程度になるところが多いようです。ご希望の過ごし方や、現地で通いたい学校によって価格が変わるので、まずは希望を書き出して、予算とにらめっこしてみましょう。

Q:ずばり、親子留学のメリットは何ですか?

A: メリットは沢山ありますが、やはり一番は親子の絆が深まる、ということではないでしょうか? 異国の地で、普段とは違う経験を親子で味わうことによって、親子の距離がグッと縮まります。また普段の生活では見えなかった、子どもの意外な一面を見ることができたりして、子どもの大きな成長を短期間で感じることも可能です。英語へのモチベーションを育むこともでき、1回で10度くらい美味しいのが親子留学です。普段の海外旅行ではなく、現地を思い切り満喫する親子留学、ぜひ一度は体験して頂きたいと思います。

chezmo-family-pc

chezmo-family-sd

プロフィール

今西 由加

ライター:今西 由加

CURIO Japan株式会社代表。グローバル人材・グローバル教育を軸に、子ども向けサービスを開発。親子留学の他にも、留学生がシッターや家庭教師としてご自宅に伺うサービスも展開中。
HP: http://curio-japan.com/

人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

LINEで送る

シェア

ツイート

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

【取材】幼児教育「レッジョ・エミリア アプローチ」で子供たちの創造性を育む!

みなさんは、アメリカのディズニーやグーグル本社の附属幼稚園にも取り入れられていて、世界だけではなく、...

【幼児の英語教育の悩み】#最終回「典型的日本人の夫婦の発音は子どもに影響する?」

お子さんに英語教育を実施しているパパ・ママから寄せられたお子さん(0歳~8歳)の英語教育を実施するに...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。


ベクトルスマートオブジェクト