【連載企画】乳児のうちに整えたい英語環境

英語環境作り
幼児英語研究家で『バイリンガルは5歳までにつくられる』(幻冬舎メディアコンサルティング)の著者である三幣真理さん。お金をかけずに、自然な形で作れる英語環境作りについて全5回連載。今回は、乳児のうちでできる英語家庭環境づくりについて綴っていただきました。

【5歳までにに家庭でお金をかけずにできる英語環境作り】
第1回 子どもの英語力を伸ばすのは、仲良し家族パワー
第2回 乳児のうちに整えたい英語環境 

乳児に何を聴かせてあげよう

聴覚機能は胎児の段階ですでに備わっています。他の機能に比べて発達が早い、この聴覚からの情報をまずは与えてあげるのが一番です。

問題は、何をどのように聴かせたらいいのか、でしょう。

英語環境作り

カナダ生まれカナダ育ちでイギリス人と結婚した友人が二人いるのですが、二人ともイギリスの親戚との会話に苦労すると話しています。同じ英語なのに別物に聞こえるそうなのです。ちなみに、イギリス人は北米英語を難なく聞き取れるそうです。私自身も慣れ親しんでいたのは北米英語だけでしたので、インド人やイギリス人、ニュージーランド人などの英語に最初は戸惑いました。こちらの話すことは通じているのに、あちらの話す言葉を理解するのに時間がかかっていました。

ですので、英語を聴かせるならば、ネイティブが歌う童謡や、聞き取りやすいポップス音楽がいいのですが、この「ネイティブ」は、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人、カナダ人、ニュージーランド人など、多国の人を混ぜて聞かせると、将来的には世界中の訛りに対応できる耳が育つでしょう。特にイギリス英語に耳が慣れているといいかもしれません。ただ、歌詞はせっかくなのでスラングが多いものや、内容が相応しくないものを選ばないようにしましょう。

童謡であれば、Wee Singシリーズをおすすめします。日本でも安価で手に入れやすいシリーズです。“Wee Sing Nursery Rhymes and Lullabies”は特にポピュラーな曲が豊富です。このリズムとメロディに慣れておくと、今後紹介するPhonicsの習得にも効果が出るので是非、聴かせてあげてください。

Wee Sing Children’s Songs and Fingerplays

ポップスであれば、例えばThe Beatles、ABBAやCarpentersのような懐かしい歌からBruno Marsの”Talking to the Moon”や”Count on Me”、Katy Perryの”Roar”や”Firework”は一緒に歌いやすいでしょう。

個人差はあるでしょうが、ヘビメタを聞かせ続けた場合、たとえ歌詞がキリスト教に基づいた内容であったとしても、怒りっぽい性格になる傾向がある、とアメリカでの研究で発表されています。家族の好きな曲を楽しく聞かせればいい、という意見もありますが、リスクは負わない方がいいと私は考えます。

乳児にどのように聴かせてあげよう

歌を聴かせる時のポイントなのですが、必ず、スキンシップを取りながら聴かせてあげてください。ベビーベッドやバウンサーにのせたまま聴かせるのと、家族と一緒に聴くのとでは赤ちゃんの感度が異なります。家族の温もりを感じながら聴く音楽ではポジティブな感情が働くのに対し、スキンシップ無しで聴かせておくと「寂しい」記憶と結びついてしまうこともあるのです。ネガティブな感情と結びついた英語は、将来、拒否反応につながる可能性も出てきますので、赤ちゃんにとって穏やかな気持ちや、楽しいという感情を引き出しつつ聴かせてあげるのが理想です。穏やかな曲であれば寝かしつけるように背中をトントンしてあげながら、またアップテンポの曲であれば踊りながら聴かせるといいでしょう。

発音に自信のある家族ならば、一緒に歌うのももちろん素晴らしい効果が出ると思いますが、逆に自信のない家族ならば、鼻歌で止めておきましょう。

またスズキ・メソードのように、同じ曲を繰り返し聴き続ける方が、より効果が高いようです。私の娘の場合、小さい頃に聴かせていたCDの前半の曲はよく覚えているのですが、いつも途中で眠りに落ちてしまったので、後半の曲には親しみを覚えていないそうです。

乳児に何を読んであげよう

次に読み聞かせについてですが、赤ちゃんに近しいキャラクターを選ぶのも、英語に対する抵抗をより少なくする効果があります。例えば、赤ちゃんにミッフィーちゃんのぬいぐるみを常にそばに置いている家庭でしたら、読み聞かせにDick Brunaの絵本からスタートするのがいいでしょう。Dick Brunaの絵は、乳児が認識しやすい原色を使い、シンプルな形状で表現しているので、乳児期にぴったりなのです。

Miffy Classic 10 Title Slipcase

少し大きくなり、視力も1歳半頃には物の形状を区別できるようになり、絵本の輪郭もとらえられるようになるといわれています。ですので、1歳過ぎた頃から、Eric CarlやLeo Leoniの絵本などを読み聞かせるようにするといいでしょう。特にEric Carlの絵本は、文章も繰り返しが多く、子どもに馴染みやすいでしょう。まずは”Brown Bear, Brown Bear What Do You See”から始めるのがおすすめです。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

Little Blue and Little Yellow

絵本も、飽きるほど同じ本を繰り返して読んであげると良いので、できるだけ良本を選ぶようにしましょう。日本で評判のものよりも、ネイティブ基準で高評価なものを選ぶといいでしょう。選ぶのが難しいと感じる場合は、アメリカの児童図書館協会が選ぶコールデコット賞セオドア・スース・ガイゼル賞を目安にすると良いでしょう。

乳児を楽しませてあげよう

乳児期は、とにかく繰り返してあげることが重要です。大人ほど、「もう飽きた」という感情が出やすいのですが、そこはぐっと我慢して繰り返してあげてください。そして、常に笑顔で赤ちゃんに接しながら「楽しい」という気持ちを前面に出して続けてあげてください。

【5歳までにに家庭でお金をかけずにできる英語環境作り】
第1回 子どもの英語力を伸ばすのは、仲良し家族パワー
第2回 乳児のうちに整えたい英語環境 

プロフィール

三幣 真理(さんぺい まり)

ライター:三幣 真理(さんぺい まり)

幼児英語教育研究家。米国ヒューストン生まれ、カナダ育ち。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、フリーランスで翻訳・通訳の仕事に携わるほか、日本の英語教育学者の第一人者である東京大学名誉教授の岡秀夫教授に師事。現在は敬愛大学及び敬愛短期大学で英語科目を担当。プライベートでは、英語の苦手な日本人との間にもうけた一女をバイリンガルに育てた。

人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

LINEで送る

シェア

ツイート

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

LINEで送る

シェア

ツイート

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

LINEで送る

シェア

ツイート

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

頼れる無料「英語絵本読み聞かせアプリ」はこれ! 英語がうまく読めないママも安心!

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、発音に自信がないと悩んでいるママ必見! ネイディブの発音を聴...

絵本好き必見! トークが楽しくなるLINEスタンプ10選

みなさんは普段LINEを使いますか? LINEといえば、トーク中に押すLINEスタンプはマストアイテ...

70年以上も愛され続けている名作『Goodnight Moon』

 絵本は部屋の中の様子を語るところから、はじまります。原文“In the great gr...

エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』を英語で読もう!

世界中で大人気のカラフルな絵本『はらぺこあおむし』(偕成社社刊)は、エリック・カールの代表作といって...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。


ベクトルスマートオブジェクト