【取材】語学教材から絵本まで英語を学ぶなら、ネリーズ飯田橋ブックストア!

nellies

インターネットで気軽に買い物できる便利な時代。それでも本屋さんがありつづけるのは、実際に手にとって、内容を確認しながら選べることと、お目当て以外の知られざる本との偶然の出会いがあるからではないでしょうか。

今回は英語の絵本があふれる専門店、ということで、東京は飯田橋にある語学教材専門店・ネリーズ飯田ブックストアさんにお邪魔しました。

語学教材から英語絵本まで取り揃う

「語学教材」といっても、高度な文法解説書から未就学児向けの英語の絵本、はたまた日本文化を英語で解説するには? といったものまで、様々な本が置いてあります。

nellies

nellies

訪問した日は、英語絵本をネイティブスピーカーの先生が読み聞かせをする会が開かれており、多くの子供とパパママで活気にあふれていました。

nellies

お店おすすめの英語絵本

早速、お店を運営する株式会社ネリーズの営業部に所属されている、岡芹(おかぜり)さんに、お店の紹介、そしておすすめの英語絵本についてお聞きしました。

nellies

英語絵本の読み聞かせをやっている書店がある、ということで来させていただいたのですが、実際に店内を見てみますと、絵本以外にもたくさんの語学関連の書籍がありますね。
 
そもそもネリーズさんは、どんな経緯でできたどんなお店なのですか?

ネリーズはもともと「シェーン英会話スクール」の語学教材を取扱うために、20数年前に設立されました。その後「栄光ゼミナール」を中心とした栄光グループの会社となり、6年前に浅草橋から、現在の飯田橋に移転を致しました。現在は、「Z会グループ」の一員です。

ネリーズブックストアは、英語教材のショールーム的に作られましたが、今ではブックストアの社員がネリーズWEBページに掲載されていない絵本やToyなど工夫を凝らした品ぞろえをしています。

今日は絵本読み聞かせの日、ということもあり、若いパパママや子供たちが非常に多いですね。
普段は顧客層としてはどのような方が多いのですか?

英語の絵本の取り扱いが非常に多く、また普通の絵本だけでなく、絵本を開くとビックリするような仕掛け絵本も取り揃えているので、語学教育に関心のある親御さんが、お子さんを連れてくることが多いですね。

また、弊店はあらゆる語学教育についての書籍を扱っていますので、たとえば中学校や高校の英語の先生が来られて、授業の参考になる書籍をお求めになることも多いです。個人で英会話学校を開かれている方や、これから英語教師を志す大学生の方も来られます。

読み聞かせ会は、どういった方を講師にお招きするのですか?

主に絵本の著者や出版社関係のネイティブスピーカーの方々に読み聞かせしていただくことが多いですね。もちろん、日本人で英語を教えている方にお願いすることもあります。 テーマは多岐に渡りますが、エンタティンメント重視で、お子さんが飽きずに、英語に親しんでもらえる環境を、と考えています。 開催日は不定期なのですが、だいたい2ヶ月に一度くらいのペースで開いているので、ぜひwebサイトをチェックいただければと思います。

ネリーズがおすすめする入園・入学プレゼントの絵本

■保育園(0〜3才)におすすめの絵本

nellies

『Hello Baby!』
出版社:Ladybird

色々な動物の子供たちが出て来る絵本です。絵の中のキャラクターの一部が、紙とは異なる質感の布で出来ています。子供たちは絵を見る、音を聞くだけでなく、触る事によって、ストーリーを楽しむことが出来ます。

最後のページは、キャラクターの一部が鏡になっており、子供が鏡に映った自分の顔をみて楽しむことも出来ます。 文字数も少なく、初めて触れる絵本としてお勧めです。

■幼稚園入園(4才)におすすめの絵本

nellies

『Where’s Spot?』
出版社:G.P. PUTNAM’S SONS

いなくなってしまった子犬のスポットを親犬が探していくストーリーです。本の中では、扉やベッドなどが出てきて、それらを実際にめくって中を見る事が出来ます。 めくった中には違う動物たちが隠れています。

色々なキャラクターが出てきま すので、好奇心の強い年頃に最適な絵本です。 しっかりしたストーリーがあるのも魅力です。

■小学校入学(6才)におすすめの絵本  

nellies

nellies

『Ketchup On Your Cornflakes?』
出版社:Scholastic

読み聞かせで利用される方も多い絵本です。本の中は上段と下段でそれぞれめくれる仕掛け絵本です。「Do you like?」と、問いかけから始まるので、読み聞かせながら、子供たちにレスポンスをさせる事が出来ます。 子供たちに身近なお菓子や小物が使われており、飽きずに読み聞かせられます。

my-first-words

nellies

『My First Words : Let’s Get Talking』
出版社:DK Books

小学校入学時にプレゼントされる方が多い絵本です。 子供たちの身近なもの、普段使っているものが多く載っているので、飽きずに読み進むことが出来るでしょう。

写真や絵と単語を並んだ形の物を「Picture Dictionary」と呼びますが、 「Dictionary」イコール「辞書」という堅苦しいものではなく、絵本として使う事が出来ます。 「これは 何? What is this?」と、ご両親と一緒にQuestion and Answerをしながら楽しめます。

紹介した絵本は、ネリーズ飯田橋ブックストアにて実際にお手に取ってご覧いただけますので、 是非お越し頂けると幸いです。

店内は、英語であふれており、自然と語学に親しみが湧く環境でした。 ぜひ、お子さんと足を運ばれてはいかがでしょうか。まずは、読み聞かせの会に行ってみるのもよいと思います。 お子さんの方から、自発的に「これが読みたい」というアクションも起こるかもしれませんよ!

ネリーズ 飯田橋ブックストアでは、さまざまなイベントが行われております。
※こちらで紹介した絵本はネリーズ飯田橋ブックストアにお尋ねください。
「ネリーズ 飯田橋ブックストア」の情報はコチラ>

ネリーズ ブックストア 飯田橋
東京都千代田区富士見2-11-3研究社富士見ビル3F
TEL:03-5275-6761
月曜日~金曜日、10:00~18:00  (定休日:土日祝)

(ライター/星野 祐毅)

人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

LINEで送る

シェア

ツイート

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

LINEで送る

シェア

ツイート

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

LINEで送る

シェア

ツイート

ヨーロッパの雰囲気漂うロングセラー絵本『へびのクリクター』

みなさんは、へびと聞いてどんな印象をもちますか? こわい? かっこいい?どちらかと言うとマイナスなイ...

LINEで送る

シェア

ツイート

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作...

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありません...

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。そ...

ヨーロッパの雰囲気漂うロングセラー絵本『へびのクリクター』

みなさんは、へびと聞いてどんな印象をもちますか? こわい? ...

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。


ベクトルスマートオブジェクト