【SHIRO】を元フレグランス販売員が本音レビューしてみた!

こんにちは、元フレグランス販売員の竹中です。

 

今回はSHIROの本音レビューしていきたいと思います。

  1. 爽やかさ
  2. 甘さ
  3. 使いやすさ
  4. 拡散力
  5. モテ感

この7段階で評価していきたいと思います。

 

評価基準に関してですが、例えるなら爽やかさMAX7だとすると、

 

“レモンを絞った時のような弾ける様なあの明るさがあるかどうか”

 

甘さMAX7だとすると、

 

“バニラのような誰が嗅いでも甘いと感じる濃厚な甘さかどうか”、

 

この辺りを基準にして考えていただければと思います。

 

こちらの記事ではSHIROの香水がどんな香りなのか全て分かりますので、是非最後まで見ていって下さい。

あわせて読みたい
【ZARA/ジョーマローン】コラボ香水の第3弾レビュー!デメリットも! プチプラ最強香水のコラボを紹介をしていきます。 ザラについては知っている人もいると思うのですが、ジョーマローンは知らない人もいるのではないかと思います。 一応...
目次

SHIRO ホワイトティー(爽やかさでトップ1)

1つ目の香り“ホワイトティー”ですね。

 

この香りの特徴としては、爽やかさに関して今回トップ1位です。ナンバーワンです。

 

しかし、つけたてのアルコール感っていうのが一際強いっていうのがマイナスポイントですね。

 

買ったばかりなので、恐らく全てに共通している事だと思います。

 

つけたての香りからしたら“超爽快レモン”と言う感じです。シトラスの香りが凄く強いですね。

 

全体的には「シトラス」と「ハーブ」の香りが混ざり合った「アロマティック香水」っていう感じです。

 

近い香りで言えば、アリエールとかアタックみたいな洗濯洗剤のような香りがします。

 

なので、とてもクリーンで清潔感が際立っている印象を受けます。

 

拡散力に関しては“周りの人に香る強さ”ですね。

 

モテ度は、“今までの経験上好まれやすい香りであるか”の判定になります。

 

ホワイトティーの評価

  • 爽やかさ  ★★★★★★☆
  • 甘さが   ★★★☆☆☆☆
  • 使いやすさ ★★★☆☆☆☆
  • 拡散力   ★★★★☆☆☆
  • モテ度   ★★★★☆☆☆

 

香りの持ち時間はもう持って2時間と結構短めの爽やかめの香りになってます。

 

爽やかさが突き抜けていて使いやすく、男性も違和感なくつけられる香りですね。

 

個人的には好きなんですけど、飽きやすいかも知れないです。

 

良くも悪くも非常に単調的だと思いました。

 

あと思ったのは遠くで嗅ぐ分には全然分からないんですけど、肌につけて近くで嗅ぐ時に肌馴染みが悪いというのが明らかに分かります。

 

合成的で少しスースーした香り方で気持ち拡散力が強め、そして香りの飛びが早い。という理由で使いやすさはイマイチかなって思います。

 

気分転換・リフレッシュ用にはいいんですけど、香水として使うには少し物足りなさが残るかなって思います。

 

もし、香り持ちの長いものが好みなら確実に物足りないですね。

 

洗剤のようで清潔感のある香りとしては、凄くいいなっていうのが正直なところです。

SHIRO アールグレイ(使いやすさでトップ1)

2つ目、“アールグレイ“っていう香りです。紅茶ですね。

 

この香りの特徴はアールグレイって紅茶系なんですけど茶葉の香りしません。ブドウなんです。

 

葡萄の飴を口に入れたときに感じるフレーバー系の香りです。

 

これは人気のサボンの次に甘いです。

 

時間が経つと石鹸のようで、男性も使いやすい香りだなと思いました。

 

香水が苦手な方も嫌な顔をしないような優しさがあって、とにかく甘さと爽やかさっていうのが絶妙だなって思いました。

 

かっちりした雰囲気はなくてラフな雰囲気で、イメージ的には結構女性方はガーリーな感じですね。

 

男性だと凄くお淑やかで女性に対して優しそうなイメージが湧きます。

 

いかにも香水つけてるなって言う感じが無くて壁をうまない自然体の香り。

 

シーンを選ばず使いやすいと思うんですけど、スーツを着るようなビシッとしたお仕事だけには合わない香りだと思います。

 

アールグレイの評価

  • 爽やかさ  ★★★★☆☆☆
  • 甘さが   ★★★★★☆☆
  • 使いやすさ ★★★★★★★
  • 拡散力   ★★★☆☆☆☆
  • モテ度   ★★★★★★☆

 

使いやすさに優れているなって僕的に感じており、そして程よい甘さでモテそうだなって思いました。

 

香り持ちに関しては大体3時間ぐらいでしたね。

 

爽やかさをしっかり保ちながら甘さも同時にあるっていう感じで、今回紹介する中で唯一のフルーツみたいな香りです。

 

個人的にはほぼグレープ飴かなって感じますね。

 

爽やかなフルーティ系で万人受けだと思います。

 

さりげない感じで甘い系の香水をつけたい人には、このアールグレイは特にお勧めです。

SHIRO 金木犀(イマイチ…)

3つ目、”金木犀”。秋といえば、金木犀ですよね。

 

特徴としては金木犀なんですけど、金木犀感は本当に少々っていう感じです。

 

ツンとした香り方で芳香剤だと思われてもおかしくないなと思いました。

 

金木犀の強い香りっていうのは、昔汲み取り式トイレの臭い消しとして使われていた過去があって、金木犀の香りは世代によってはトイレの芳香剤のイメージが近いんですよね。

 

なので、結構好み分かれるかなって思います。

 

金木犀の評価

  • 爽やかさ  ★★☆☆☆☆☆
  • 甘さが   ★★☆☆☆☆☆
  • 使いやすさ ★★☆☆☆☆☆
  • 拡散力   ★★★★☆☆☆
  • モテ度   ★★☆☆☆☆☆

 

香り持ちはだいたい2時間から3時間ほどで、総合的に言うと爽やかすぎず、甘すぎず、使いやすいと思いきや、なんかツンとした香り方をするのでイマイチかなって思います。

 

モテ度は香り云々ではなくて金木犀の香り自体が微妙なんじゃないかなって思います。

 

個人的に金木犀の香りっていうのは秋に街中でふわっと香ってくるからこそ、良いっていうのがあると思うんですよね。

 

他にちょっと思うのはこれ嗅いで、まあ金木犀の香りを求めるならコレではないって思います。

 

「武蔵野ワークス」っていうブランドの金木犀の方が圧倒的にオススメです。

 

他だと「オゥパラディ」っていう、3000円ぐらいのブランドの「オスマンサス」っていう香水も結構良くて、これは金木犀感は弱いんですけど、香り方が甘く柔らかいので秋以外でも浮かずに使い易いところがお勧めのポイントです。

 

とにかく、S H I R Oのこの金木犀は4000円以上を出して買うようなクオリティではないかなっていうのを思いました。

SHIRO サボン(モテ度でトップ1)

4つ目、”サボン”の香りです。まあこの香りの特徴として例えるなら、ピルクルですね。あの乳酸菌の飲み物に近い感じで最も甘いです。

 

肌なじみに関してもブランド1で最も良いです。

 

印象としては可愛い・明るい・若い。もうこの三つに尽きますね。

 

よく似合うのは本当に20代前半まで。30代とかにはなかなか若々しすぎて難しい香りかなって思います。

 

サボンの評価

  • 爽やかさ  ★★★★☆☆☆
  • 甘さが   ★★★★★★☆
  • 使いやすさ ★★★★★★☆
  • 拡散力   ★★★★☆☆☆
  • モテ度   ★★★★★★★

 

香り持ちに関しては3時間程になります。

 

甘みがとにかくよくて、爽やかさは程々です。

 

肌馴染みが本当に良いのでまろやかな香り方で使いやすさっていうのはかなりずば抜けてるかなって思います。

 

モテ度に関してなんですけど、異性に褒められるっていう実際の声が非常に多かったので、やはりMAX評価をつけさせていただきました。

 

サボンはやっぱ外さないですね。

SHIRO ホワイトリリー(上品さでトップ1)

5つ目、“ホワイトリリー”の香りになります。

 

この香りの特徴は本当に甘さが少ない、すっきりとしたフローラル。華やかさっていう面でナンバーワンです。

 

最もお姉様系の香りで、香りの主張が特に強いです。

 

ホワイトリリーの評価

  • 爽やかさ  ★★★★★☆☆
  • 甘さが   ★★☆☆☆☆☆
  • 使いやすさ ★★★★★☆☆
  • 拡散力   ★★★★★☆☆
  • モテ度   ★★★★★☆☆

 

香り持ちは大体3時間程。

 

なんかこの香りは甘さが無いから可愛いっていうより綺麗とか美人っていうイメージです。

 

女性らしいクールな表情を持っていて、簡単に言えば一番大人っぽいですね。

 

年上女性が好きな男性からモテそうなイメージで、華やかな透明感とツヤがあるんですけど少々ケバい感じがあるっていうのが正直なところです。

 

ここが少し好みが分かれるポイントかなと思います。

 

でも香りとしては本当にお姉様系の上品な香りなので、本当に使いやすいと思います。

まとめ

あわせて読みたい
SHIROの悪い・ダメなところ8個を包み隠さずレビュー! こんにちは。   今日はSHIROの香水の悪いところを本音で話していきます。   僕はSHIROの香水を買うの躊躇していたんですか、正直言うとそれは”興味ない”って...

それではまとめさせていただくと、一番好まれやすいモテ系の一位がやっぱり“サボン“

 

この”サボン”はやっぱり若々しくて親しみやすく、甘さが際立っていて、本当に癖がないシンプルにいい匂いだなって思います。

 

2位の方が、万人受けのフルーティ系の“アールグレイ”。

 

そして、3位が綺麗なお姉様系のフローラル、“ホワイトリリー”っていう感じです。

 

個人的に本当モテそうとかそういうの度外視して、SHIROナンバー1は香りだけなら、アールグレイですね。

 

全然紅茶系ではないんですけど、香りの変化もしっかりあってつけてて一番ナチュラルで甘すぎず爽やか過ぎずっていうバランスが絶妙だなっていうのが理由です。

 

クオリティ的な面だけでいくと、やっぱり“サボン“です。

 

他と比べて香り方っていう面で一番綺麗。

 

香水の最重要ポイントである肌なじみが一番優れているなって言う風に思いました。

 

このS H I R Oの香り持ちに関してなんですけど、今回3時間とか4時間とか、物によって2時間とかお伝えしましたが、人によって5時間以上持つ場合とかもあります。

 

なのでかなりの個人差があるっていう事だけはちょっと頭の隅に入れといて欲しいなと思います。

 

今回S H I R Oのもの以外にも“イチジク”とか“ホワイト”っていう香りとか“ジャスミン”とか色々ありますが、特にイチジクの香りっていうのが紙で試した時、一番良かった記憶があるので、そちらのイチジクの方も改めて紹介できればなと思っております。

 

ここまで見てくれてありがとうございました。

 

次の香りで会いましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる