三鷹市星と森と絵本の家

mitakaehonhouse

住所:三鷹市大沢2-21-3 国立天文台内
電話番号:0422-39-3401
FAX:0422-39-3402
休館日:火曜日、年末年始(ほかにメンテナンス休館あり)
開館時間:10:00~17:00
URL:http://www.city.mitaka.tokyo.jp/ehon/
飲食可能なスペースあり
アクセス:バスをご利用の場合「天文台前」または「天文台裏」下車
      JR武蔵境駅から(所要時間約15分)小田急バス[境91]「狛江駅北口行き」(武蔵境南口3番乗り場)
      JR三鷹駅から(所要時間約20分)小田急バス[鷹51]「調布駅北口行き」(三鷹駅南口2番乗り場)
      京王線調布駅から(所要時間約15分)小田急バス[境91]「武蔵境駅南口行き」(調布駅北口11番乗り場)
        小田急バス【鷹51】三鷹駅行き(調布駅北口11番乗り場)
        京王バス【武91】武蔵小金井駅行き(調布駅北口12番乗り場)

(上記画像は三鷹市星と森と絵本の家 http://www.city.mitaka.tokyo.jp/ehon/より引用しています)

人気記事ランキング

がまくんとかえるくん『ふたりはともだち』に感じる友情の大切さ

最近ではキャラクターグッズも大人気の、アーノルド・ローベル作「Frog and Toad(がまくんと...

LINEで送る

シェア

ツイート

ファーストブックにおすすめの指人形付き仕掛け絵本

昔人形が自分に話しかけてくれることを夢に見たことはありませんか? 実は私は夢に見ていました(笑)。今...

LINEで送る

シェア

ツイート

情操教育にお薦め! 人気作家アートに触れられる英語絵本!

日本語で『あおくんときいろちゃん』と訳されているこの絵本。その可愛らしいタイトルを侮ってはいけません...

LINEで送る

シェア

ツイート

『かいじゅうたちのいるところ』子どもの想像力を引き出す絵に魅了

1975年に出版された『Where The Wild Things Are』は、神宮輝夫さんの素晴ら...

LINEで送る

シェア

ツイート

『どこいったん』オチにビックリ! それともニヤリ? ブラックユーモア英語絵本

黒目のクマが二本足でヌッと立っているのが印象的な絵本『I WANT MY HAT BACK』(『どこ...

LINEで送る

シェア

ツイート

おはなしの部屋
おはなしの部屋

読み聞かせ、手遊びなどの動画を集めました。


ベクトルスマートオブジェクト